新曲が1位獲得!“K-POP代表バンド”へと成長したDAY6

ボーイズバンドDAY6がデビューから4年が経過した今、また一つの意味のある成果を収めました。7ヶ月ぶりにリリースした新曲が、初めて音源チャートで1位を獲得したのです。

DAY6は7月15日午後6時に各種音源サイトを通じて、5枚目のミニアルバム「The Book of Us:Gravity」を発表しました。今回のアルバムは、DAY6が昨年12月に発表した4枚目のミニアルバム「Remember Us:Youth Part 2」以来7ヶ月ぶりにリリースした新作です。


Melonより

アルバム発売前にミュージックビデオのティーザーやサンプル音源を先行公開。熱い関心と期待を受けたDAY6は、このような反応に後押しされるように、様々な音源チャートで好成績を記録しました。アルバム発売当日の午後9時には、タイトル曲「1ページになれるように」がBugs!とNaverミュージックの合計2つの音源サイトでリアルタイムチャート1位を獲得しました。更に韓国国内最大の音源サイトMelonで38位にランクインし、前作のタイトル曲「幸せな日々だった」の記録58位と比べ20位も上昇した数値を記録したのです。これにとどまらず、発売日当日の夜12時には24位まで上昇。DAY6の自己最高記録を再び更新したのです。

ソンジン


Twitterより

この結果に対しリーダーのソンジンは所属事務所のJYPエンターテインメントを通じて、“僕たちの音楽を聴いてくださるすべての方々!本当にありがとうございます!これからも良い音楽を聴かせられるDAY6になるために努力します!みんな幸せで健康に過ごしてください。”と所感を伝えました。

JAE


Twitterより

またJAEは、“DAY6に最初の1位をプレゼントしてくださったMy Day(DAY6のファンクラブ名)のみんなに心から感謝!もっと熱心に作業して、より良い音楽で報います!”と言いました。

Young K


Twitterより

Young Kは、“僕たちDAY6に忘れられない青春の1ページをプレゼントしてくれて本当にありがとうございます。いつも最善を尽くし、誇らしい歌手になれるようにします!”と明らかにしました。

ウォンピル


Twitterより

ウォンピルは、“意味のある贈り物に感謝しています。My Day本気でありがとう!”と伝えました。

ドウン


Twitterより

最後にドウンは、“僕たちに1位をプレゼントして下さってとても感謝しています。常に音楽を楽しむことができるDAY6になります!”と伝えました。

DAY6が初の1位を獲得した新曲「1ページになれるように」は、縁の始まりに相手に伝えたい感情を歌った曲です。大切な相手と一緒に過ごす全ての時間を一冊の本に例え、“今この瞬間にも美しいページを描こう”といったメッセージが込められています。 

5人のメンバーはタイトル曲だけでなく、1曲目の「For me」、3曲目の「How to love」、4曲目の「帰ります」、5曲目の「包装」、6曲目の「Best Part」まで6曲全曲の作詞・作曲を手掛け歴代最高のクオリティを誇るアルバムを完成させました。

このように、全てのアルバムを通じて自分たちだけのカラーを作り出し“信じて聴けるアーティスト”から、“K-POP代表バンド”へと成長したDAY6。そんなDAY6は韓国ソウルの蚕室室内体育館で3日間に渡って開催するソウル公演に続き、大邱、釜山、ニューヨーク、ボストン、マイアミ、ダラス、シカゴ、サンフランシスコ、LA、メルボルン、シドニー、オーストラリア、シンガポール、マニラ、ジャカルタ、バンコク、ミラノ、パリ、ロンドン、アムステルダム、ベルリン、ブリュッセル、ワルシャワ、モスクワ、リスボン、マドリードなど計26都市で31回のツアーを開催し、グローバルバンドとしての地位を一層強固にする予定です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す