ホン姉妹と出会ったIU。主演ドラマ放送開始後のネット上での反応は?

IUが再び変身に成功しました。女優イ・ジウンとして様々な作品に出演しているIUが、新ドラマ「ホテルデルーナ」で新たな魅力を開眼し視聴者を虜にしています。韓国を代表する有名な脚本家ホン姉妹が描くキャラクターを見事に消化し好評を受けたのはもちろんのこと、視聴率も合格点を獲得したのです。

視聴率上昇!

視聴率調査機関によると、7月14日に放送されたtvNの土日ドラマ「ホテルデルーナ」は7.6%(全国有料プラットフォーム登録世帯基準)の視聴率を記録しました。これは13日の初放送時の7.3%より0.3%上昇した数値で、視聴率グラフの上昇推移を見せています。

ホン姉妹が描くファンタジーホラーロマンス

「ホテルデルーナ」はエリートなホテル経営者が運命的な出来事によりホテルデルーナの支配人を務めることになり、月のように孤高で美しいが気難しい社長と共にホテルデルーナを運営しながら起きる特別な物語を描くファンタジーホラーロマンスです。このドラマの中でIUはまるで時間が止まったかのように存在しているホテルの社長チャン・マンウォルを演じています。


Twitterより

放送以降、主役であるチャン・マンウォル役を演じているIUへの視聴者の熱い反応が止まりません。前作のtvN「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」を通じて見せた冷たい現実を全身で支えるダークな雰囲気の演技とは全く異なる今回の演技は、再度変身に成功したという高評価を得ています。

「快傑春香」から、「僕の彼女は九尾狐」、「花遊記」などでファンタジーはもちろん、明るくて愉快なロマンスを多数描いてきたホン姉妹(ホン・ジナ、ホン・ジャラム姉妹)との呼吸が興味深いという反応も多く見られます。

個性的なキャラクター
チャン・マンウォル


Twitterより

制作陣は、“長年存在していて歳月を経て変化してきた人物であるため、簡単なキャラクターではない。IUが持っている魅力と作品への情熱がチャン・マンウォルを完成させた。”と評価しました。IU自身も、“チャン・マンウォルはなかなか出会えない強くて面白いキャラクターで、とても魅力的だった。歪んでいて意地悪な人物で、恨みが多く、退屈な世の中で興味のあることはただ贅沢をすることだけ。プライドが高く、弱いところを見せたくないため、より偽悪的に人に接する。そんな内柔外剛なキャラクターを見て、可哀想だと思った。でもよく見てみると、人間的な面も見つけることができる」とチャン・マンウォルだけの魅力を明かしました。


Twitterより

IUは、2011年に出演した「ドリームハイ」を皮切りに、「最高です!スンシンちゃん」(2013年)、「キレイな男」(2013年)、「プロデューサー」(2015年)、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(2017年)、「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」(2018年)を介して着実に女優としての歩みを続けています。


Twitterより

韓国のネット上での意見

daumより

・内容も面白くて演技が上手だったね。 次回が待ち遠しいドラマ〜。

・前作に比べて演技が評価されてるけど、役があまり似合ってない感じでした。いくら見ても綺麗でおとなしい顔をしているからですかね〜…。派手な役に違和感がありました。ホン姉妹の作品なので期待してたんですが…

・「トッケビ」と「花遊記」と物語の感じが似ているような感じでしたが、IUの淡々としたシックな言葉つきの演技がキャラクターをよく生かしていました。IUの煌びやかな衣装も見ていて楽しかったです。

・私もドラマ自体は結構興味があるけど、配役が合わなくて残念!!演技自体ぎこちなくて「私のおじさん」のように良くなかった…。似合わない服を着た感じ。

・私はとても面白かった!残念ではなかったけどなぁ。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す