イケメン ブロマンス!EXO-SC(セフン&チャニョル)が青春のメッセージを伝える

シウミンにディオ……メンバーの入隊が続くボーイズグループEXO。完全体での活動が難しくなった今、個々に得意なことを生かしそれぞれが活躍の場を広げています。7月10日に初のソロアルバム「City Lights」を発売したベッキョンに加え、7月22日にはセフンとチャニョルの新ユニットEXO-SCがデビューします。


Twitterより

イケメン ブロマンス
EXO-SC デビュー!

トリプルタイトル曲を予告したEXOの新ユニットEXO-SC。セフンとチャニョルはデビューアルバムの全曲の作詞に参加するのはもちろん、自作曲も収録し、青春のためのメッセージを伝える予定です。


Twitterより

セフン&チャニョルのデビューミニアルバム「What a life」は7月22日午後6時にMelOn、FLO、genie、iTunes、Apple Music、Spotify、QQ MUSIC、Kugou Music(酷狗音乐)、Kuwo Music(酷我音乐)など、各種音楽サイトでリリースされます。「What a life」にはトリプルタイトル曲の「What a life」、「Just us 2」、「Closer to you」をはじめとするヒップホップジャンルの全6曲が収録。セフンとチャニョルのユニークな変身に出会うことができます。


Twitterより

異例のタイトル曲3曲!

特に今回のアルバムは、EXO初のデュオとなるEXO-SCのデビューアルバムであるだけに、二人のメンバーのセフンとチャニョルの多彩な音楽の世界を披露するために、異例ともいえる3曲をタイトル曲に選定し、トリプルタイトル曲でグローバル音楽ファンの関心を集めるものとみられています。


Twitterより

デビューミニアルバム「What a life」は韓国の有名ヒップホップグループDynamic DuoのGAEKOと、ヒット作曲家チームDevine-Channelが全曲のプロデュースを手がけ、セフンとチャニョルが全曲の作詞に参加するのはもちろん自作曲も収録されます。これまでセフンはEXOのコンサートで公開した自身のソロ曲「A GO」で作詞に挑戦。チャニョルはEXOのアルバムタイトル曲「Love Shot」と「Ko Ko Bop」、アルバム収録曲「With You」などで作詞・作曲に参加し、音楽的力量を認められています。それだけに新しいアルバムで披露する二人の音楽の世界観により一層期待が高まっています。


Twitterより

また、今回のトリプルタイトル曲の一つ「What a life」は、ユニークなプラグサウンドと中毒性のあるリフレーンが際立つヒップホップ曲で、歌詞には“働くことも、遊ぶこともみんなで楽しくしよう”という愉快なメッセージを盛り込み、セフンとチャニョルだけの明るくて前向きなエネルギーをアピールします。


Twitterより

既に人気を証明?!

EXO-SCは、2018年9月に《STATION X 0》を通じて披露した「We Young」でiTunes総合シングルチャート世界17地域で1位、中国Xiami Music総合チャートで1位を獲得するなど、正式デビュー前から人気の高さを証明しています。そのため今回のアルバムでも高い関心を得るものとみられています。

EXO-SCはデビューアルバムの発売を記念して7月22日の午後8時に韓国ソウルの麻浦区西橋洞のムーブホールでショーケースを開催します。この日の様子は、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」のEXOチャンネルを通じて全世界で生中継される予定で、既にファンの熱気は最高潮には達しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す