I.O.I出身チョン・ソミとチョンハがソロで対決!

プロジェクトグループI.O.I出身のツートップが歌謡界で対戦します。I.O.I時代センターを務め、歩みごとに大きな関心を集めているチョン ・ソミと、今自他共に認める最高の女性ソロアーティストの一人へと成長したチョンハの話です。

遂にデビュー!チョン・ソミ

チョン・ソミは6月13日午後6時に各種オンライン音源サイトを通じてデビューシングル「BIRTHDAY」を発売し、ソロ歌手として正式にデビューを果たします。I.O.I解散後、約2年6ヶ月経過した満を持してのデビューです。


Instagramより

チョン・ソミはI.O.Iが誕生したMnetのオーディション番組「プロデュース101」の時から大きな注目を浴びていました。すでに後のTWICEを輩出したMnetのオーディション番組「SIXTEEN」を通じて顔を知らせていたチョン・ソミは、溢れ出す可愛らしさと目立つビジュアル、特別なフィジカルまで全て揃え、一気に国民プロデューサーの心を捕えたのです。「プロデュース101」で最終的に1位に抜擢され、不動のセンターとして活躍しました。

I.O.I解散後、他のメンバーたちが一人二人とデビューし活躍を続けていく中で、最大に期待されていたチョン・ソミのデビューのニュースは中々聞こえてきませんでしたが、デビューのニュースがない中でもチョン・ソミは、バラエティー番組などを通じてファンたちに姿を見せてきました。結局2018年8月に所属事務所であったJYPエンターテイメントと専属契約を解約したチョン・ソミは、その後YGエンターテイメントの傘下レーベルであるTHE BLACK LABELと専属契約を結び、ソロ歌手としてデビューを準備してきたのです。


Instagramより

デビューまで最も時間がかかっただけに、世間の期待も非常に大きくなっている状態です。ソロデビューが迫り一つずつ公開されたティーザーでは、チョン・ソミ特有の可愛らしく爽やかでハツラツとした魅力を見ることができます。満を持して発売されるデビュー曲「BIRTHDAY」は、ヒット曲メーカーでTHE BLACK LABELの代表プロデューサーであるTEDDYが作曲し、チョン・ソミ自身も共同作曲に参加したということで更に関心が集まっています。“ソロアーティストに生まれ変わるチョン・ソミ”という象徴的な意味を持っている曲「BIRTHDAY」で彼女がソロアーティストとしてどのように生まれ変わるのか、成り行きが注目されています。

“サマークイーン”なるか?チョンハ

そして、独歩的な女性ソロアーティストとして成長したチョンハもまた、“サマークイーン”の称号を狙いカムバックします。6月24日に発表する新アルバムは「もう12時」以降、約5ヶ月ぶり​​に発表する新しいアルバムです。


Twitterより

I.O.I出身の歌手の中で、唯一ソロ歌手としてデビューして成果を成し遂げたアーティストがチョンハです。他のメンバーたちがガールズグループのメンバーとしてデビューし期待程成果をあげられなかったのとは異なり、チョンハはソロ歌手としてデビューしソンミと市場を二分して大きな愛を受けてきました。

2017年6月にデビューしたチョンハは、デビュー曲「Why Do not You Know」、3rdミニアルバムのタイトル曲「Love U」、そして最新作「もう12時」までヒットさせ、“信じて聴ける歌手”へと成長しました。発売する曲ごとにヒットさせてきただけに、チョンハが今回はどのようなコンセプトでどういった曲を披露するのか、期待が大きい状況です。


Twitterより

わずか11日の差で活動が重なることになったチョン・ソミとチョンハ。I.O.I出身の二人の女性ソロアーティストの対決が観戦ポイントになる見通しです。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す