「プロデュース X 101」放送スタート!初回放送後のランキングで1位を獲得したのは?

Mnetの人気オーディション番組「プロデュース101」の新シリーズ「プロデュース X 101」が、期待の中韓国で5月3日に放送を開始しました。毎シーズン最終順位に基づき11人の練習生を選抜してデビュー組を世に生み出してきた「プロデュース101」シリーズですが、今シーズンは最終順位発表式で10人のメンバーを決め、最後の1人は累積投票数が最も多い練習生が選ばれると発表されました。また、第1関門であるレベルテストも最下レベルであるXレベルの練習生は資格がないと判断され、そのまま脱落という過酷なものに。 こういった変化に練習生たちは混乱に陥りました。

第2のWanna Oneを夢見る101人の練習生たち。果たしてデビューの喜びを手にするのは誰なのか。初回の放送を終え、最も注目された練習生たちをまとめてみたいと思います。

「_ジマ」センター
ソン・ドンピョ


公式HPより

先立って公開された団体曲「_ジマ」のステージでセンターを務めたDSPメディア所属のソン・ドンピョは、初回の放送で最も多い時間画面に顔を映すことに成功しました。キュートなルックスに積極的なリアクション、評価時に見せた実力が放送容量の確保に功を奏したものと思われます。しかし、ソン・ドンピョはAレベルではなくBレベルにとどまりました。

「顔PICK」
キム・ミンギュ


公式HPより

国民プロデューサー曰く、実力を蓄えることができてもルックスは変えることができないと言います。端麗な容姿は努力と練習で得ることができない重要な“スペック”です。Jellyfishエンターテインメント所属のキム・ミンギュは、実力が知られる以前にハンサムな容姿で視聴者投票1位を獲得しました。ただ立っているだけで、“白馬に乗った王子様”と言われるキム・ミンギュ。そのルックスに加え優れた実力まで兼ね備えたキム・ミンギュは、放送最後に公開された第1回放送終了時点の順位で1位を獲得したのです。

「機会を待ち続けた俳優」
パク・ソンホ


公式HPより

tvNのドラマ「ブッとび!ヨンエさん」や「詩を忘れた君に」などに出演し活躍してきた俳優のパク・ソンホもアイドルの夢を叶えるために今回チャレンジしている練習生の一人です。アイドルの名家STARSHIPエンターテインメントの1期生として知られている彼は、“デビューの準備をしながらも、最終段階でいつも脱落してきました。今回の挑戦は最後の機会だと思うので、この機会を掴みたいです。”と決意を明かしました。今回のシリーズで最も劇的な事情を抱いて舞台に上がった彼の活躍に注目が集まっています。

South Club ナム・テヒョンの弟
ナム・ドンヒョン


公式HPより

MBKエンターテイメント所属のナム・ドンヒョンは、元WINNER・現South Clubのナム・テヒョンの弟です。彼は短い練習生期間にも関わらず、完成度の高いダンスとラップを披露し審査員に絶賛されました。10歳の頃からピアノで自作曲を作り始め、13歳の時からMIDIに接するなど、音楽的な力量も優れていると思われるナム・ドンヒョン。 彼もAレベルを獲得した練習生の一人です。“カン・ダニエル級にどんどん良くなると思う”、と評した審査員たちの予測は果たして現実になるのか。期待が高まっています。

I.O.Iを誕生させたシーズン1、Wanna Oneを誕生させたシーズン2、IZ*ONEを誕生させた「プロデュース48」に続き、4番目に制作されたアイドル育成プロジェクト「プロデュース X 101」。グローバルボーイズグループのデビューを目標に掲げている今回のシーズンの主役となるのは一体誰なのか。毎週の放送から目が離せません。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す