韓国三大エンターテイメント会社(YG・SM・JYP)の株価を急降下させた出来事とは?

BIGBANGスンリのクラブ“バーニングサン事件”により急落した韓国の三大エンターテイメント会社(YGエンターテイメント、SMエンターテイメント、JYPエンターテイメント)の株価が最近再び回復の傾向を見せています。企業業績などのファンダメンタルを考慮すると、芸能人のスキャンダルによる株価下落は、過度な視覚が拡散したものと分析されます。


オンラインコミュニティより

オンラインコミュニティより

YGエンターテイメント


Twitterより

4月7日の韓国取引所によると、YGエンターテイメントの株価は前日比から0.79%落ちた3万7750ウォンで取引を終えました。3月20日に韓国国税庁の高強度の税務調査が発表した次の日の株価は、取引中に3万3200ウォンまで下落しましたが、この時を起点に株価が少しずつ回復している傾向にあると言います。

SMエンターテイメント


Twitterより

SMエンターテイメントもここ数日株価上昇が続いています。3月15日の取引時間中に3万7300ウォンの底辺を記録した後徐々に回復し、4月5日には4万500ウォンで取引を終えました。

JYPエンターテイメント


Twitterより

JYPエンターテイメントもまた、3月中旬から株価上昇の曲線を描いています。4月5日のJYPエンターテイメントの株価は3万4050ウォンで取引を終了し、株価が最も低かった3月15日の2万8150ウォンよりも約20%上昇しました。

韓国の三大エンターテイメント会社(YGエンターテイメント、SMエンターテイメント、JYPエンターテイメント)は、“バーニングサン事件”で、これまで経験したことのない困難を経験しました。BIGBANGメンバーのスンリが運営するクラブバーニングサンで暴行事件が浮上した後、この事件は、麻薬、性的暴行、売春、不法映像撮影、警察の癒着疑惑などまで広がったのです。スンリやチョン・ジュニョンなど数名の芸能人が警察から調査を受ける中で、他の芸能人たちにも捜査が拡大する可能性が大きくなり、株価に悪材料として作用しました。

YGエンターテイメントの株価はスンリの性接待疑惑が浮上した2月26日に4.42%も下落し、スンリが被疑者となった3月11日には一日で14.1%も下降しました。この日SMエンターテイメントの株価も10.49%急落。“バーニングサン事件”でYGエンターテイメントの時価総額は2000億ウォン以上も蒸発したのです。

過度な株価下落

しかし、証券業界は、これを過度な株価下落と分析しました。芸能人のスキャンダルは、企業銘柄の慢性的なリスクが重要であるため、企業のファンダメンタルを見なければならないということです。

YGエンターテイメントはBLACKPINKやTREASURE 13など新人グループの活躍が期待される状況で、会社でメインの役割を担っているBIGBANGもG-DRAGONとテヤンの軍除隊後、売上が発生することが予想されます。JYPエンターテイメントはTWICEの日本での活動と新人グループITZYがデビューで成功を収め期待を集めています。SMエンターテイメントもEXOのメインボーカルチェンがソロアルバムを発売し、売上高に貢献することと分析されています。


Twitterより


Twitterより

YouTube産業

何よりも、YouTubeを通じたエンター産業の構造的な成長がエンタープライズ銘柄の見通しを明るくしています。YouTubeは、海外のファン層の拡大に決定的な役割を果たしているからです。BLACKPINKのYouTubeチャンネル登録者は現在2136万人に達し、BIGBANGのチャンネルの購読者も1105万人を記録しています。

ハンファ投資証券によると、チャンネル登録者数2000万人を超えるアーティストの公式チャンネルは、YouTubeに20個程だと言います。4月5日にYouTubeを通じて初公開されたBLACKPINKの新曲「Kill This Love」のミュージックビデオの再生回数は、一日だけで3800万件を超えました。まさに2000万人以上のチャンネル登録者の力であると言えるでしょう。

今後の三大エンターテイメントの株価に注目が集まっています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す