BLACKPINKが見せた“グローバルガールズグループ”の威厳

BLACKPINKは名実共に“グローバルガールズグループ”ですが、今回のカムバックへの道のりはまさにいばらの道でした。それは一体なぜでしょうか。


Melonより

足枷となった“クラブバーニングサン論議”

BLACKPINKは韓国だけでなく世界中で人気を集めるガールズグループへと成長しましたが、所属事務所であるYGエンターテイメントの“クラブバーニングサン論議”が大きな問題となり、BLACKPINKがその直撃弾を浴びたからです。BIGBANGのメンバースンリの脱税疑惑から向けられた視線はYGエンターテイメント全体に拡散され、最終的にYGエンターテイメントは特別税務調査の対象となり大々的な押収捜索を受けることになったのです。

YGエンターテイメントに向けられた冷たい視線は、議論後の最初のカムバック走者となったBLACKPINKに浴びせられました。年始に大きな衝撃を与えたメンバージェニーの熱愛→決別はBLACKPINKの評価に大きな影響を与えはしませんでしたが、現在進行形の“バーニングサン論議”は、明らかにBLACKPINKに悪材料として作用しました。

延期されたカムバック

当初3月に予定されていたBLACKPINKのカムバックは、4月5日に延期されました。4月は既に音源強者と呼ばれている人気アーティストたちがカムバックラインナップに名前を連ねていた状態です。BLACKPINKも他のアーティストたちから恐れられているグループですが、今回のカムバックの成績に世間が注目していたのは事実です。


Twitterより

心配を覆す圧倒的存在感

しかし、BLACKPINKはやはりBLACKPINKでした。悪い評判をあざ笑うかのように、カムバックと同時に世界中の音楽市場を揺るがしたのです。

4月5日の0時に公開されたBLACKPINKのニューミニアルバムのタイトル曲「KILL THIS LOVE」は、同日午後2時にはアメリカ、スウェーデン、ポルトガル、フィリピン、アルゼンチン、ブラジル、マレーシア、インドネシアなど世界36の地域のiTunesシングルチャートで1位を記録しました。


Twitterより

世界最大の大衆音楽市場であるアメリカのiTunesで1位を獲得したのは、K-POPのガールズグループで初の大記録であるだけでなく、ガールズグループが15年ぶりに出した記録という点で、世界の音楽史に意味のある爪痕を残したと言えます。

更にミュージックビデオを通じてもう一つの記録を作りました。「KILL THIS LOVE」のミュージックビデオは公開からわずか4時間13分で1000万ビューを突破。韓国国内のアーティストの最短記録を更新しました。続いて公開から約9時間で2000万ビューを、公開から約14時間後には3000万ビューを突破したのです。

カリスマあふれる「KILL THIS LOVE」のミュージックビデオは、メンバー4人の魅力が引き立つうえにK-POPのカテゴリを超えた雰囲気で、全世界のネットユーザーたちから熱い反応を引き出しています。

タイトル曲の「KILL THIS LOVE」は、TEDDY、R.Tee、24、Bekuh BOOMが共に作曲し、Bekuh BOOMが歌詞を書いた楽曲で、強烈なリードブラスと雄大なドラムサウンドが印象的なトラックです。


Twitterより

「KILL THIS LOVE」で成功を収めたBLACKPINKは今月の12日と19日にアメリカ最大の音楽フェスティバルである「Coachella Valley Music and Arts Festival」のステージに上がります。更に17日からはLAを皮切りに6都市8公演の北米ツアーに突入。熱いパフォーマンスを繰り広げる見込みです。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す