“音源クイーン”たちの熱い戦い!~後編〜 Heize&テヨン

“音源クイーン”たちの熱い戦い!~前編〜 パク・ボム&ペク・イェリン

◆Heize◆

今や安定した“音源強者”
新たな試みで挑んだ1stフルアルバム


Instagramより

音源チャート上位常連組の一人、Heizeの強さも目立っています。Heizeは3月19日にデビュー5年目で初となるフルアルバム「SHE'S FINE」を発売しました。これまで、「雨も降ってそれで」や「Don't know you」、「Jenga」など多くの曲をヒットさせてきたHeizeは音源強者の慣れっ子として君臨しています。

ラッパーとして活躍してきた彼女は、いつのまにか個性あふれる音色を持ったボーカリストへと成長しました。発表する曲ごとに直接作詞・作曲に参加してきたHeizeは、これまで別れの感性を独創的に曲に解放してきました。自分だけの領域を強く構築してきた彼女は、既存の感性を維持しつつトーンを変奏するなど新しい試みに挑み、初のフルアルバムに遊び心を加えたのです。


Melonより

Heizeはフルアルバム「SHE'S FINE」のショーケースの中で、“Heizeらしく、でもHeize色が強すぎないアルバムになるように考えました。そのため、「She's fine」と「So, It Ends?」をダブルタイトル曲に選んだんです。これもアルバムの中に多彩さを与えるための選択でした。”と明かしています。これまで別れを歌ってきたHeizeですが、今回の新曲「She's fine」では、“どんなことがあっても大丈夫”と少し軽いトーンで歌い続けています。一方、「So, It Ends?」は普段のHeizeのスタイルが感じられる曲になっています。

変化と現状維持の間で葛藤したHeizeの努力が込められた楽曲たちは、公開と同時にチャート上位圏に無事にランクインを果たしました。変化が加わった「She's fine」はもちろんのこと、既存のHeizeの色が濃い「So, It Ends?」まで、並んでチャートのトップを維持しています。

◆テヨン(少女時代)◆

“信じて聴ける”
ソロ強者も戦いに合流


Twitterより

女性ソロアーティストが軒並み音源チャート上位圏にランクインを果たす中、遂に明日24日少女時代のテヨンが歌謡界にカムバックします。テヨンは24日に新しいシングル「四季(Four Seasons)」を公開するのです。

今回のシングルはテヨンが昨年6月に発表した3rdミニアルバム「Something New」以来、9ヶ月ぶりに発表する新曲で、タイトル曲「四季(Four Seasons)」の他にテヨンの深い感性が盛り込まれた「Blue」の2曲が収録されています。

タイトル曲「四季(Four Seasons)」は、愛の心理を四季の変化に合わせて表現した楽曲です。また、収録曲「Blue」は“青い”と“憂鬱”というブルーの二重の意味を歌詞に込め、昔の恋人に対する懐かしさと別れた後の気持ちを表現したバラードになっています。

パワフルながらも濃厚な感性を誇るヴォーカリストとして独創的な位置に君臨しているテヨン。彼女は音源のパワーはもちろん、2時間を超える単独コンサートも優れた歌唱力で観客を魅了する力がある名ヴォーカリストとしても定評があります。


Twitterより

「I」「Rain」「11:11」「Fine」など多数の曲をヒットさせてきたテヨンが、今回も心と耳の両方を楽しませる楽曲で“音源クイーン”の力を発揮するのか、多くの期待が寄せられています。


Twitterより

テヨンのニューシングル「四季(Four Seasons)」は24日午後6時にMelOn、FLOW、genie、iTunes、Apple Music、Spotify、QQミュージック、Kugou Music、Kuwo Musicなどの各音楽配信サイトを通じて公開される予定です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す