優れたDNAで将来が期待される姉妹/兄妹 [前編]

韓国のアイドル達の中には、姉妹/兄弟が揃って芸能界にいる、優れたDNAを持つ人物が大勢います。今回はそんな優れたDNAを持ち、将来が期待されているスター達をまとめてみたいと思います。

◆ (姉) IZ*ONE イ・チェヨン (妹) ITZY イ・チェリョン

イ・チェヨン&イ・チェリョン姉妹は、どんなジャンルでも自分のカラーに合わせてダンスを踊ることができる実力を揃って持っています。2人はまず、SBSのオーディション番組「K-POP STAR シーズン3」に出演し、パク・ジニョンの心を掴みました。姉イ・チェヨンの最初のパフォーマンスを見たパク・ジニョンは、“ダンスを本当に上手に踊る”、と年齢に合わないダンスの実力に感心し、続いて登場したイ・チェリョンを見るやいなや、“妹まで上手だったら、本当にびっくりだ!”と期待を抱かせたのです。イ・チェリョンは姉同様に美しいダンスを披露し、絶賛されながらラウンドに進出しました。


オンラインコミュニティより

その後不足していた歌の実力を備えるため、姉妹は熱心に練習を続けました。毎日発声と和音の練習を続け、ボーカルの力まで得たのです。以降、JYPエンターテイメントに入所した姉妹は、再びMnetのオーディション番組「SIXTEEN」に出演し、更にグレードアップしたダンスとボーカルの実力で注目を浴びました。

時を経てWMエンターテイメントに移籍したイ・チェヨンはMnetのオーディション番組「プロデュース48」に出演。事務所別評価でスポットライトを浴びましたが、気分が優れない姿を見せ視聴者たちを葛藤させました。しかしイ・ホンギなどのトレーナーから、“本当にダンスが上手。僕が君に習ってもいい程ほどだ。”といった褒め言葉を得て、最終的にはデビューメンバーに抜擢され、現在はIZ*ONEのメインダンサーとしてパフォーマンスセンターを務めています。

Twitterより

妹イ・チェリョンは2月12日にITZYのメンバーとしデビューしました。 デビュー前にティーザー映像が公開されるやいなやイ・チェリョンは、《「SIXTEEN」で唯一生き残った練習生》というタイトルで、多くのファンたちから拍手を受けました。ITZYは新人グループでありながら歌番組で1位を獲得するなど、凄まじい人気をみせています。


Twitterより

3〜4ヶ月のターンを置いて、最終的にデビューすることに成功した姉妹。 二人ともチーム内のメインダンサーとして素敵なパフォーマンスを披露しています。

◆ (兄) 俳優 チャ・ソヌ (妹) チャ・ユンジ


Instagramより

ボーイズグループB1A4のメンバーとしてRAPを担当してたバロ(チャ・ソヌ)は、ユニークな低音ラップを駆使して歌のポイントを生かしていました。また、彼は直接収録曲のRAPメイキングを担当。独創的でありながら、ぎこちないライムとリズムを無難にこなし、ソフトなRAPからピョンピョンと跳ねるようなRAPまで完璧に消化し、自分だけのラップスタイルを見せました。

彼はアイドル活動中に演技活動にも挑戦していきました。tvNの「応答せよ1994」で大勢の中からオーディションでピングレ役をゲットし、演技活動をスタート。全羅南道光州出身らしく純度100%の方言を駆使し、高評価を受けました。以降SBS「神様がくれた14日間」、KBS 2TV「マンホール~不思議な国のピル~」、MBC「悪い刑事」などにキャスティングされ、リアルな演技を披露しています。

バロ(チャ・ソヌ)と同じWMエンターテイメントに所属していたチャ・ユンジはアイという芸名でソロデビューをした経歴があります。デビュー前から“同じ所属会社”という噂が回った2人は、すぐに所属事務所側がチャ・ユンジの写真を公開し、[デビュー準備中]と明らかにし、注目を集めました。華奢な体つきとガールズグループf(x)のメンバークリスタルに似た美貌で大きな話題を集めたアイ(チャ・ユンジ)は、兄であるバロ(チャ・ソヌ)の応援を受けてソロ歌手としてデビューしたのです。


Instagramより

「切に願えば叶うよ(I Wish)」でデビューしたアイはダンスの実力とライブの実力が認められ、音源チャートで中間まで上がる快挙を達成しました。

しかしその後KBS 2TVのアイドル再起動プロジェクト「THE UNIT」に出演が決まっていたにも関わらず、“疲労蓄積や体力的な問題”という理由で、自主降板。以降演劇「ヨド」などを通じてわずかな活動をしていたアイはWM エンターテイメントを退社。


Instagramより

現在は芸能界活動を準備しつつ、YouTubeでプライベートチャンネルを運営しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す