ファンへの愛を盛り込んだ自作曲をサプライズ公開したアイドルたち

日々多くの楽曲が生み出される世の中。

歌手にとって音楽は自身の心を最も表現することができる“贈り物”であると言われています。そのためか、数人のアイドルは自分を支えてくれるファンのために特別な“想い”を込めた未発表曲を公開し、ファンの心を温かくさせています。

そこで今回は、ファンのために自作曲を公開したアイドルたちをまとめてみたいと思います。

1. BTS(防弾少年団) V 『風景』

BTS(防弾少年団)のVは、1月30日に公式SNSアカウントとSound Cloudを通じてファンが熱心に待っていた自作曲「風景」の音源を公開しました。

以前からVは授賞式などを介して、“ファンのための贈り物がある”と明かし、ファンたちの期待を高めていたのです。


Twitterより

そんなVが満を持して発表した「風景」は、甘いメロディーとVの魅力的な低音のボーカルが印象的な楽曲です。Vは一人で作詞・作曲からアルバムのジャケット写真撮影まで手掛けました。「風景」はすぐに世界中で話題を集め、Sound Cloud発表後わずか5日で3,000万回のストリーミングを突破する驚くべき記録を樹立したのです。

2. IU 『心』

IUは2015年5月18日にKBS2ドラマ「プロデューサー」2話の最後に使われた自作曲「心」を公開しました。当時放送されていたKBS2ドラマ「プロデューサー」はキム・スヒョンやチャ・テヒョン、コン・ヒョジンら豪華俳優陣の出演で話題を集め、IUはその中で気の荒いトップ歌手役を演じていました。

「心」は、シンプルなギターの伴奏と、IUの甘い歌声が耳をくすぐる楽曲です。「心」は発表直後から話題をさらい、MelOn、Bags、Mnet、Olle Music、Genee、Soribada、Naver Music、Monkey3など8個の主要音源チャートで1位を獲得しました。


Instagramより

IUは「心」の公開二日前5月16日の自分の誕生日に、手のひらに 「心」と言う文字を描いた写真をアップし、世間の関心を掻き立てていました。その後「心」の公開について、“今まで自分を応援してくれたファンの方たちのためだった”と明かしたのです。

3. Highlight ヤン・ヨソプ 『With You』

Highlightのヤン・ヨソプは1月24日の自身の入隊に合わせて、新曲「20 Full Moons」を公開しました。


Melonより

「20 Full Moons」にはヤン・ヨソプの自作曲「With You」と「Moonlight」が収録され、“20回満月が過ぎれば帰ってくる”というアルバム名のように、独自の方法で大事な人からしばらく離れるという切ない気持ちが盛り込まれました。


Instagramより

特に「With You」は、甘い歌声と感性的なハーモニーが引き立つ曲で、10年間共に活動したHighlightのメンバーへのメッセージが込められたバラードとして、ファンの切ない気持ちを増幅させたのです。

4. Wanna One出身 パク・ウジン&イ・デフィ 『Candle』

1月27日でWanna Oneの活動を終了したパク・ウジンとイ・デフィは、イ・デフィの誕生日である1月29日にファンのためのギフトとして、スペシャルシングル「Candle」をサプライズ公開しました。


公式サイトより

「Candle」はイ・デフィが作詞・作曲とプロデュースを務め、低音が魅力的なラッパーであるパク・ウジンがラップメイキングを務めた楽曲です。


オンラインコミュニティより

パク・ウジンとイ・デフィは、“ファンの方たちがいるから、僕たちがいるということをよく知っています。愛に対するお返しはどんなものでも足りないと思いますが、少なくとも送ってくださる愛が一方的なものではなく、僕たちもいつもファンの方たちのことを思っているし、愛していると伝えたかったんです。「Candle」は僕たちのこういった気持ちを込めた楽曲で、この曲でファンの方たちが少しでも寒い冬を温かく過ごすことができれば嬉しいです。”と、ファンに対する気持ちを伝えました。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す