韓国でバラエティー番組にレギュラー出演。「みんなのキッチン」に宮脇咲良がキャスティングされた理由とは?

2月21日、韓国ソウルの麻浦区スタンフォードホテルでケーブルチャンネルO'live「みんなのキッチン」の制作発表会が開かれ、パク・サンヒョクCP、キム・グァンテPDをはじめ、女優のイ・チョンア、ZE:Aのグァンヒ、IZ*ONEの宮脇咲良が出席しました。

SF9のチャニが新たに合流!

食文化のトレンドソーシャルダイニングを扱う「みんなのキッチン」は、初対面の人と一緒に料理をし、食事をしながら交流し親しくなる過程を描き、昨年のパイロット放送を通じて反響を呼びました。前回のパイロット放送で良いバランスを見せたタレントのカン・ホドン、女優のイ・チョンア、ZE:Aのグァンヒ、俳優のクァク・ドンヨン、IZ*ONEの宮脇咲良に加え、レギュラー放送回から俳優のキム・ヨンゴンとボーイズグループSF9のチャニが新たに合流することが発表され、期待が高まっています。

宮脇咲良が韓国でバラエティー初挑戦

特にMnet「プロデュース48」に出演して厚いファン層を獲得した宮脇咲良の韓国バラエティー初挑戦に注目が集中。宮脇咲良はバラエティーでも個性を見せ、抜群の相性をみせたカン・ホドンと共に“クラドン”というユニークな組み合わせを誕生させ、視聴者を楽しませました。


オンラインコミュニティより

しかし、韓国での活動がわずか5ヶ月だったこともあり、未熟な韓国語の実力は多くの人々から懸念を買うこともありました。韓国のバラエティー番組に自然に溶け込むことができるのか、という指摘です。事実、宮脇咲良はこの日、現場に通訳を同席させ視線を集めたのです。

それでも宮脇咲良は最大限韓国語を使おうと努力しました。出演の感想を聞かれた際は、“たくさん緊張しましたし、韓国語ができないので心配していました。でも、今では家族のようです。とても面白いです。”と話しました。

宮脇咲良キャスティングの理由とは?

これに対しパクCPは、宮脇咲良をキャスティングすることになったビハインドを明らかにしました。彼は、“最初のミーティングが2月初めに行われ、その時咲良は本当に韓国語ができなかった。楽しくやろうとしたが、その時は代表者に「できないようだ」と伝えた。カン・ホドンさんにも、「外国人を交渉しようと思ったが、韓国語ができない」と伝えた。そうしたら、自分は大丈夫だと言われた。アプリを使えば大丈夫だよ、と。だから一度冒険してみようと思った。話が通じなくても、その中で手探りで進めていくのが他の番組とは異なる点なのではないかと思う。実際にパイロット放送を観て驚いた。3週間の間にどんどん視聴者が増加した。”と賞賛しました。


オンラインコミュニティより

また、宮脇咲良のキャスティングを決定させた大きな理由は、優れた料理のスキルだと言います。パクCPは、“料理を頻繁に作っていると言っていたので、キャスティングを考えるようになった。パイロット放送の時は日本の食品を試したので、次から韓国料理を一つずつ披露しようと思っている。発展する姿を期待して下さるように願う。”と話しました。

韓国での宮脇咲良の人気がうなぎのぼり

宮脇咲良は韓国でもバラエティーに向いていると評された状況です。ZE:Aのグァンヒは、“パイロット放送の撮影当時、咲良とカン・ホドン兄さんの相性がすごく良かったんですが、放送ではあまり出ていませんでした。実際に2回、3回と撮影するうちに、二人の分量が多くなっています。咲良はとても上手です。完全に芸能人です。ホドン兄さんの方が学んでいます。”と言って会場を爆笑させました。

宮脇咲良は、“韓国語はまだ未熟ですが、この番組を通じて成長したいと思っています。また、この番組を通じて韓国で多くの友達を作りたいです。”と抱負を伝えました。

そんな宮脇咲良の韓国初レギュラーバラエティー番組「みんなのキッチン」は、来る24日に韓国で初放送されます。


オンラインコミュニティより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す