ソロデビュー大成功!より鮮明になったファサだけのカラー

デビュー5年で一人立ちに成功したガールズグループMAMAMOOのメンバーファサが、“信じて聴ける歌手”として位置付けたと、多くの韓国メディアが報じています。


Melonより

ファサは2月13日に各音源サイトを通じて、初のソロデジタルシングル「twit」を発表しました。「twit」は発売直後にそうそうたる音源強者たちを一気に抜いて1位を獲得しました。14日午後の段階でも、まだ韓国国内最大の音源サイトMelonを含めgenie、Bugs!、Soribada、Mnetなど主要音源サイトのリアルタイムチャート1位を維持して熱く支持されています。

より鮮明になった
ファサだけのカラー


Twitterより

2014年にMAMAMOOのメンバーとして初のシングル「Don't Be Happy」でデビューして以来、ボーカルとラップにとどまらず、着実にアルバム収録曲の作詞・作曲・編曲に参加してきたファサは、今回の「twit」でも作詞・作曲作業に直接参加して、自分だけのカラーを表現しました。

ホルモン女神→華麗なクイーン
ギャップの魅力が通じた

ファサは最近、MBCのバラエティー番組「私は一人で暮らす」に出演して普段の生活を隠すことなく細部まで披露しました。長い髪を手で抑えて食べることに集中する姿や、化粧っ気のない顔で家事をしたり、知人と会って気さくに喋る姿はとても魅力的で、それ自体が話題となりました。

「私は一人で暮らす」の中で見せたファサが“ホルモン女神”だとしたら、新曲「twit」のミュージックビデオとアルバムのジャケット写真のファサは、“華麗なクイーン”です。大きくかけ離れたギャップで魅力を見せてくれました。ファサは中毒性のあるメロディーにかけがえのないシグネチャに選ばれる魅力的なボーカルを加え、歌の完成度を引き上げたのです。

まるで一冊の雑誌を見ているようなファサのファッションとエレガントで印象的な美しさも注目を集めています。画面がクローズアップされるたびにファサ特有の魅力的な雰囲気を誇り、圧倒的な存在感を発揮します。ミュージックビデオを見たファンとネチズンたちは、“ファサだからこそできるコンセプト”という好評を残しました。

今、信じて聴ける歌手
ファサというブランド

ファサは過去5年間でMAMAMOOのメンバーたちと一緒に多くのヒット曲を発表してきました。 「Mr. Ambiguous」、「Piano Man」、「Um Oh Ah Yeh」、「Yes I am」、「You're The Best」、「Egotistic」、「デカルコマニー」、「Starry night」、「Wind Flower」など、発表した曲の大半が音源チャート1位になり、“信じて聴ける歌手”として位置付けたのです。

ファサの特徴は、ボーカルだけでなく、パフォーマンスの面でも強力な存在感を持ったメンバーであるということです。これまでクールな高音と魅力的な重低音を出すボーカル兼ラッパーとしてMAMAMOOの歌を満たし、特有の高難度なセクシーパフォーマンスまで添えて、“舞台を観る楽しみがある歌手”という好評も受けています。MAMAMOOは枠にとどまらず他の歌手たちとの共同作業も活発に行い音楽的力量を築いてきたため、今後完全体として、ソロ歌手として、そしてデュエット歌手として、どんな音楽とパフォーマンスを見せてくれるのか期待が集まっています。

「1位になれて本当に嬉しい!」

今回のソロデビューについてファサは、“ソロ曲を発表しただけでも、1位になったかのように嬉しく幸せな気持ちでした。曲が思っていたよりも遥かによく出来て、それだけでもただ幸せだったのに、1位という大きな愛まで受け取り、本当に嬉しいです。子供の頃からやりたかったことを、このように音楽的に解放することができることに常に感謝の気持ちを失うことなく、心に刻んでいきたいと思います。今後もたくましく歩いていきます。全ての方々に本当に感謝しています。」と語り、メンバーとファンへの感謝の挨拶も加えました。


Twitterより

ファサの1位独走状態はいつまで続くのか。まだまだ華麗なクイーンの快進撃は続いていきそうです。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す