『ラブレター』『時をかける少女』、韓国で人気の邦画が再上映

中山美穂、豊川悦司主演の岩井俊二監督の映画『ラブレター』が韓国で再上映されることが発表されました。

韓国では異例の大ヒット

映画『ラブレター』は日本では1995年に上映されたラブストーリーで、韓国では1999年に上映され、当時異例の140万人を動員する大ヒットとなりました。

また、OSTや劇中の『お元気ですか』というセリフが流行り、今年3月に放送されたKBS2バラエティ番組『スーパーマンが帰ってきた』で、モデルのSHIHOが「お元気ですか」と叫ぶという映画をネタにした演出も見られました。

このように、1999年の作品ながら現在でも話題になる程韓国では人気を集めており、2013年にも再上映されていました。今回2016年1月14日に再上映されます。

『時をかける少女』も再上映

ちなみにアニメ映画の『時をかける少女』も制作10周年を記念して、ラブレターと同日の1月14日にデジタル・リマスターとして韓国内で再上映されます。

韓国のネット上での意見

instizbestizより

・うわ〜ラブレターも再上映だ!!

・シダルソ(『時をかける少女/시간을 달리는 소녀(シガヌル タルリヌン ソニョ)』の略)も見たい〜ラブレターも見よう〜

・私はなんでこれがこれほど名作扱いされるのか分からない…

・劇場で見たことないから、大きなところで見てみたいかも

・マジか!絶対見よう!!

実は韓国でも人気のある日本アニメ映画『時をかける少女』
韓国でも人気の『時をかける少女』 時をかける少女は日本では2006年7月に細田守監督の元で作成された作品で、韓国でも人気のある作品と...