本日誕生日を迎えたJBJ95高田健太。「音楽番組で1位を獲りたいです!」

1995年1月10日、群馬県藤岡市で、後にK-POPスターとなる一人の男の子が誕生しました。現在JBJ95のメインボーカルとして活躍中の高田健太の話です。


Twitterより

高田健太はMnetのオーディション番組「プロデュース101 〜シーズン2〜」に日本人で唯一出演し、ポジティブかつ可愛らしい魅力で女心を狙撃。視聴者から大きな愛を受けました。残念ながらWanna Oneの11人に入ることはありませんでしたが、力強いファンの声援によりプロジェクトグループJBJに参加。スター街道を歩み始めました。JBJ解散後は、同じく1995年生まれのメンバーキム・サンギュンとチームを組み、[JBJ95]として活動しています。

そんな高田健太の誕生日は毎年波瀾万丈です。2017年は練習生として、2018年はJBJのメンバーとして、そして2019年はJBJ95のメンバーとして誕生日を迎えているからです。

そこで今回は誕生日直前に行われた高田健太のインタビュー内容をまとめてみたいと思います。

Q. 誕生日当日は何をしていますか?

A. すぐにJBJ95初のアジアツアーの一つである日本のコンサートが予定されています! おそらく誕生日も日本のコンサートの練習を熱心にしていると思います。

Q. 誕生日を迎える感想は?

A. 今年も誕生日の前から多くの方にお祝いしていただき、本当に幸せです! 今すでに20代の中間まできましたが、今後は年齢を考えずに生きようと思っています。20代中間もファイト!


Twitterより

Q. 誕生日が冬にあることの良い点と悪い点を挙げるなら?

A. 良い点は考えたことがありませんが、あえて悪い点を挙げるとするなら、クリスマスと新年が近いと誕生日だけ別に祝ってもらえないことでしょうか。一度にお祝いしてもらうことが多く、それは残念です。

Q. 年を重ねることに対してどう感じるか教えてもらえますか?

A. “男の人生は40代からスタートする”という言葉を聞いたことがあります。この言葉を考えると年を重ねる程ますますときめく心が大きくなるのだろうと思います。

Q. 自分の誕生日と最もよく似合う曲を挙げるなら?

A. Jason Deruloの「Want to want me」。この歌を挙げたいです。この歌の歌詞のように、多くの方が僕のことを、歌手健太として見守っていただければ良いという気持ちがあります。

Q. 最も特別な誕生日プレゼントは何でしたか?

https://twitter.com/_ken_berry/status/1082439101926653952?s=21

A. ファンの方々がくださった誕生日の広告です。誕生日の広告を出してくださる事は簡単ではないと思います。それでも毎年してくださるという事に本当に感謝していますし、特別だと思います。 いつもありがとう。

Q. 今後受けとりたいプレゼントはありますか?

A. 音楽番組で1位に! そして授賞式で賞を受けてみたいです。期間が長くかかっても、いつかは必ず! いただければと思います。それだけ僕はたくさん努力します!常にファイト!

Q. 自分への誕生日プレゼントとして贈りたいものは何ですか?

A. “余裕”をプレゼントしたいです。僕はやりたい事が本当に多いんですよ。 だから時間や心の余裕を与えたいですね。


Twitterより

Q. お祝いしてほしいスターはいますか?

A. 世界の王様たちから誕生日のお祝いを受けてみたいです。一度にパーティーができれば、より良さそうです(笑)

Q. 誕生日を迎え休暇が与えられた場合はどのようなことをやってみたいですか?

A. 休暇が与えられた場合は、英語を学ぶために海外に留学してみたいと思います。

Q. 誕生日を迎え、感謝の気持ちを伝えたい人はいますか?

A. たくさんいます。まず家族にありがとうと言いたいです。そして僕を愛してくださるファンの方々に感謝しています。ファンの方々がいつも僕のことを考えてくださって、誰よりも大きな愛で僕を包んでくださるので、そのおかげで僕は歌手として活動することができると思っています。 今回も誕生日を祝うために多くのことをしてくださり、本当に感謝しています。今年もよろしくお願いします。


Twitterより

Q. 今年一年で叶えたい目標はありますか?

A. 後悔しない一年を作りたいです。

Q. 誕生日を迎えた自分に一言お願いします。

A. これからも健康に気を付けて真面目に頑張りましょう!誕生日おめでとう。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す