TWICE「紅白歌合戦」視聴率42.7%で49チーム中6位を記録!

アジアを代表するガールズグループへと成長したTWICEが、12月31日に日本で放送された「紅白歌合戦」に出演。なんと「紅白歌合戦」全体の視聴率で6位を記録したことが分かりました。

2年連続
「紅白歌合戦」出演

1月5日に報道された内容によると、TWICEは昨年12月31日に出演したNHK「紅白歌合戦」で、日本のそうそうたる歌手を抜いて視聴率6位を獲得という快挙を成し遂げました。


Twitterより

「紅白歌合戦」は、日本の歌手にとっても“夢の舞台”と呼ばれている、まさに“日本最高の年末歌番組”です。TWICEはK-POPのガールズグループとしては初となる、2年連続「紅白歌合戦」出演を決定。日本国内での熱い人気を誇示しました。

瞬間視聴率6位
42.7%を記録!

TWICEは、“2年連続「紅白歌合戦」出演”という快挙にとどまらず、サザンオールスターズや嵐など日本最高の歌手たちに続いて、瞬間視聴率6位を獲得するという結果を成し遂げました。TWICEのパフォーマンス中の視聴率は、42.7%を記録したのです。これは「紅白歌合戦」に出演した日本最高の歌手たち49チーム中6位の記録です。「紅白歌合戦」の視聴率は、視聴者の関心と直結しています。この結果により、現在TWICEが日本国内でどのような位置を占めるのか、明確に証明されたと言われています。


Twitterより

「紅白歌合戦」の視聴率1位はエンディングを飾ったサザンオールスターズでした。サザンオールスターズのパフォーマンスは45.3%の視聴率を獲得し、2018年「紅白歌合戦」の最高瞬間視聴率となりました。2018年の日本の歌謡界を席巻した米津玄師が、故郷・徳島の美術館から中継した圧巻のステージが44.6%で2位を獲得。NHKのステージにびっくり生登場した松任谷由実は43.7%で3位に。4位は2015年より4年連続の出場となった星野源が、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌「アイデア」を披露して43.4%を獲得。5位は42.9%を獲得した“日本を代表する国民グループ”嵐。そしてTWICEはここに続く42.7%で6位を記録したのです。

TWICEは「紅白歌合戦」で映画「センセイ君主」の主題歌「I Want You Back」と2018年9月12日リリースのアルバムタイトル曲である「BDZ」のスペシャルステージを披露しました。


ニュースサイトより

ブラックとホワイトを基調にビーズが華やかに装飾された衣装で出演したTWICEは、特有の明るく美しいエネルギーで「紅白歌合戦」の舞台を爽やかな魅力で満たし、視聴者たちの目と耳をひきつけました。

日本の音楽ファンが好きなアーティスト
総合15位

また、TWICEは日本の音楽ファン2万人が選んだ「第15回 音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング2018」で15位を獲得しています。これは10月29日から11月15日までオリコンモニターリサーチ会員2万人を対象にアンケート調査が行われた結果です。総合ランキング1位は“日本を代表する国民グループ”と呼ばれる嵐でした。嵐は男性アーティストの中で1位、世代別アーティストでも幅広いファン層の支持を得て総合1位の快挙を達成しました。

TWICEは、韓国の歌手の中で唯一ランクイン。嵐や安室奈美恵、乃木坂46、Mr.Children、B'z、SMAPなどに続いて総合15位にランクインし、日本で一番ホットなK-POPグループであることを証明しました。また女性アーティストランキングでは9位、10代が対象のランキングでは6位を獲得し、日本の若者がTWICEに熱狂しているという存在感を証明しました。

2019年も日本での活動が期待されるTWICE。日本に再度K-POPブームを起こす立役者として、TWICEのこれからがますます注目されています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す