BTS(防弾少年団)ジミンのソロ曲「約束」最短時間で1300万ストリーミング達成。世界中から関心集中。

BTS(防弾少年団)ジミンの最初の自作曲『約束』が公開からわずか2日と20時間で1300万ストリーミングを突破。これはBTS(防弾少年団)メンバーのソロ自作曲の中で、最短期間に記録した最高記録です。


SoundCloudより

世界各国で1位を記録

『約束』は、世界的なオンライン音楽配信プラットフォームの[SoundCloud]を通じて発表した後、現在はグローバル1位、New & Hot チャートとTop50でも1位を記録しています。アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、オランダ、アイルランドなどで1位を獲得しました。また、 [SoundCloud]は、公式アカウントでも『約束』を紹介し、ジミンのソロ曲への熱い愛情を表わしました。

現在、世界中を恐ろしい速度でストリーミング独走中のジミンのソロ曲『約束』は、12月31日未明に公開されると同時に[SoundCloud]暴走現象が起き、麻痺してしばらく再生されないという事態まで引き起こしました。それ程爆発的な関心が集中し、国内外で前例のない世界中の有名公式アカウントと有名セレブたちのお祝いのメッセージで溢れたのです。

海外セレブたちが
ジミンを祝福

Twitterの[SoundCloud]のアカウントを皮切りに、ビルボード、ハリウッドライフ、USウィークリー、NME、ティーンヴォーグなど、多くの海外メディア、芸能専門誌、アメリカのラジオ、音楽専門チャート、アメリカの有名テレビ番組と司会者、K-POP専門誌、ミュージシャンなど、約60個の海外公式アカウントと有名セレブたちがジミンの初めてのソロ曲『約束』にお祝い文を投稿したのです。

特 アメリカの有名なラジオ番組「アメリカTop40」は、世界的に発信するインディペンデントソングのカウントダウンラジオ番組で、アメリカ本土の歌手たちも名前を上げるのが難しいことで有名です。しかし、この「アメリカTop40」もジミンのソロ曲へ関心を示しました。「アメリカTop40」が関心を示したことは、アメリカのラジオの高い壁を崩し、“ジミンパワー”を実感させています。K-POPが特集されることが難しいアメリカのラジオ番組において『約束』が紹介されたことは、BTS(防弾少年団)ジミンのソロ音楽に対する世界的な期待感を端的に示しています。

他にも、アメリカの有名トークショーの司会者Jimmy FallonとDenny Directoも素早くジミンのソロ曲公開を祝いました。合計4761の店舗を所有するアメリカのスーパーの定番“ウォルマート”は全国の店舗でジミンのソロ曲『約束』を再生させるという文を掲載して話題を集めました。また、アメリカのディスカウントストア“TARGET”もジミンのソロ曲のお祝いと大きな関心を表わしました。アメリカのタブロイド“デイリーニューズ”の編集長は、“ジミンの今後のより多くのソロプロジェクトを期待しています。”と今後の期待を表わしました。

成功したソロ第一弾

BTS(防弾少年団)ジミンの最初の自作曲『約束』は、アコースティックギターの演奏にジミン特有の繊細で感性的なボーカルが中毒を起こす楽曲です。変奏されるボーカルカラーが洗練されたポップバラードの感性を豊かに感じさせ、作詞・作曲の能力まで今一度示しました。


Twitterより

ジミンは新年の目標について、“まずは、僕の思いを込めた曲がもう一つ出せたらいいと思っています。また、皆さんと向き合うことができる機会が今年よりもはるかに多かったら良いでしょう。そういった席で皆さんに良い影響を与えて良い舞台を見せるのが私の最大の目標です。”と述べています。初のソロ自作曲が世界で熱い爆発的な反応を得たことで、今後BTS(防弾少年団)ジミンのソロ曲活動への期待はさらに大きくなるものと思われています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す