Wanna One、活動期間の売上高800億ウォン。メンバー平均10億ウォン精算!

Wanna Oneの活動終了日が12月31日と正式に発表されました。  

驚異の売り上げ高を記録

複数の歌謡関係者によると、来る12月31日に契約を終了する Wanna Oneが1年6ヶ月間の活動中に得た売上高は、最低でも800億ウォン以上になる見通しとのこと。900億ウォン台に上る勢いに、世間からも注文が集まっています。この計算によると、11人のメンバーがそれぞれ受け取るとされる精算金は、驚くことに平均10億ウォンに値します。売上高のうち、純利益は440億ウォン程度で、このうちCJ ENMが25%、Wanna Oneのマネージメントを担当するSwingエンターテイメントが25%を、残りの50%が所属事務所に分配されると言います。


オンラインコミュニティより

メンバーは、所属事務所が受け取った金額のうち、所属事務所との契約に基づいて、個々に精算を受けることになります。Wanna Oneのメンバーは、ほとんどが5対5や6対4の契約をしていたことが明らかになりました。5対5の契約をしているメンバーは、精算金10億ウォンを受けることになります。

アイドルのトップに立った
カン・ダニエル


オンラインコミュニティより


オンラインコミュニティより

もちろん10億ウォンよりも多い金額を受けとるメンバーもいます。最高の人気スターであるカン・ダニエルの場合、単独CMなど、ソロ活動を活発に行ったため、それに伴う売上高はカン・ダニエルに入ります。広告業界によると、カン・ダニエルは、現在広告界で国内最高水準の契約料を誇ります。Wanna Oneのメンバーの中でも断然トップの金額です。広告業界でカン・ダニエルは3ヶ月の単発契約金が3億ウォン、1年契約で10億ウォン程度の契約料だと推定されています。

事務所に所属しないまま
アイドルになったキム・ジェファン


オンラインコミュニティより

Wanna Oneのメンバーの中で、唯一事務所に所属しないまま活動を始めたキム・ジェファンの場合は、精算金の額自体が他のメンバーよりも少なくても、二倍の水準になると思われます。Wanna Oneでの活動が終了する2018年末から、CJ E&M所属になることが決まっていますが、それまでに獲得した精算金は全て自分に入るからです。キム・ジェファンはWanna Oneの活動だけで精算金約22億ウォンを受領するものと思われます。

Wanna Oneの活動は12月31日で終了しますが、所属事務所とメンバーは解散後1年間の音源、アルバム、MDの収入を精算されます。総売上高は900億ウォン台まで上がる可能性も指摘されています。

1月にラストコンサート開催

Wanna Oneは解散後も授賞式などの公式活動は当初の計画通りに行い、1月のコンサートを最後にWanna Oneとしてのすべての公式活動も終了する予定です。

2017年6月にMnetのサバイバル番組「プロデュース101 〜シーズン2〜」で結成されたWanna One。SwingエンターテインメントとCJ E&Mは、各メンバーの所属事務と共に集まり、活動の延長と関連した議論を行ってきました。その結果、Wanna Oneはこれ以上活動の延長はしないと決め、最終的に1月での解散を決定しました。


オンラインコミュニティより

Wanna Oneは「プロデュース101 〜シーズン2〜」放送後、昨年8月のデビューと同時に“怪物新人”と呼ばれてまぶしい活動を広げてきました。カン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミニョン、ぺ・ジニョン、ハ・ソンウンの11人はシンドロームに近いファン層を構築しました。

Wanna Oneは、6月に「ONE:THE WORLD」というタイトルで、アメリカ、アジアなど14地域でワールドツアーを繰り広げる超大型グループに成長しました。


Twitterより

ラストコンサートは1月24日・25日・26日・27日の4日間韓国ソウルの高尺スカイドームで開催されます。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す