新曲が大ヒット中のWINNER「ファンに良い贈り物ができました」

WINNERが冬の感性を盛り込んだ新曲「MILLIONS」で歌謡界にカムバックしました。この曲は、今年4月に発表した「EVERYDAY」以降約8ヶ月ぶりに発表された新曲で、当初来年の正規2集アルバムに収録されるはずでしたが、ファンから待望の声が多く上がったことで、先行公開されました。    


melonより

メンバーのソン・ミノが先月に発表したソロ曲「FIANCE」が音源チャートと音楽番組1位を席巻していることから、WINNERの新曲がすぐに公開されることをめぐり、懸念の声もあがりました。しかし、ソン・ミノは、“チームメンバーキルになると、より良いと思う”と「MILLIONS」の成功を祈願しました。

実際に「MILLIONS」が6個の音源チャートで1位を席巻しながら「FIANCE」はバトンタッチするように順位が落ちましたが、順位下落にも笑うことができる状況です。これまで以上に気持ちの良い“チームメンバーキル”が成功した形です。


Instagramより

音源の公開時期が調整されたことで、「MILLIONS」は夏の雰囲気がにじみ出ながら冬の感性が新たに加わる楽曲となったのです。“すべての人は、愛される数百万の理由がある”というメッセージが暖かい感性を醸し出しています。

そこで今回は、2018年ラストのヒットを記録中のWINNERのインタビューをまとめてみたいと思います。

Q. 新曲「MILLIONS」はどんな曲ですか?

A. 誰でも愛される理由があるという心から書き始めた曲です。ファンに今年二回カムバックすると約束していたので、約束が守れたという意味で貴重なものになりました。ファンにとって良い贈り物になったらいいなと思い、幸せな気持ちで活動を準備しました。(カン・スンユン)


Instagramより

Q.「REALLY REALLY」や「ISLAND」など、以前のヒット曲のように、今回もトロピカルサウンドを活用していますね。

A. 新しいアイデアが出た時には継続しようと思います。今回の新曲は、ジャンル的にはトロピカルサウンドであることは確かですが、編曲は違います。トロピカルサウンドのプラグシンセを減らして他のリーフを使用しました。作りながらもとても新鮮に感じられました。(カン・スンユン)

Q. 冬のシーズンソングですが、夏の雰囲気ともよく似合っていますね。

A. 実際「MILLIONS」は、夏に作られた曲です。完成度を高めるために継続して修正していくうちに冬になりました。冬に似合うキャロルな感じの穏やかなシーズンソングを出してみたいという思いで作業をしていましたが、最終的には自分たちが好きな曲でカムバックするのが正しいと思いました。冬のシーズンソングとして記憶されるといいのですが、年末に暖かいメッセージを伝えることができて感謝しています。(カン・スンユン)

Q. ソン・ミノのソロアルバムの際はヤン・ヒョンソク社長が支援してくれたと聞きましたが、今回はどのようなフィードバックをしてくれたのですか?

A. 今回もとても気を使ってくださいました。感謝しています。つまらない冗談から仕事の話まで、メンバーとたくさん会話してくれます。今回のミュージックビデオの撮影時も3日間来てくださり、その場ですぐにディレクティングもしてくれました。(ソン・ミノ)


Instagramより

A. 今回は以前と振り付けのスタイルもたくさん変わったんですが、会長がとても満足していると言ってくださいました。団体のチャットルームでもダンスの賞賛をたくさんして下さいます。 おかげで僕たちも楽しく振り付け関連の映像を撮ることができました。(カン・スンユン)

Q. 2018年の残りの計画と2019年の目標は?


Instagramより

A. 僕たちが欲が多いために遅くなり、ファンには申し訳ない気持ちがあります。今回の活動中にファンたちとコミュニケーションをとる機会ができるだけたくさん欲しいと思っています。今回の活動は音楽番組など年末から来年の初めまで行う計画です。2018年の締めくくりとしてWINNERと一緒に幸せに過ごしてほしいです。来年も正規アルバムからソロアルバムまで一年を埋めつくすように活動するのが目標です。(カン・スンユン)

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す