アイドル名家 大手芸能事務所が第2のBTS(防弾少年団)、第2のTWICE狙う!

第2のBTS(防弾少年団)
第2のTWICEの登場


Twitterより


Twitterより

2018年も終わりに近付き、町の中が慌ただしい雰囲気になってきました。そんな年末を迎えている今ですが、新年早々韓国歌謡界では大勢の新人アイドルグループたちがデビューする予定となっています。新人歌手は一年に何組か登場しますが、新年には、“アイドル名家”と呼ばれる大手芸能事務所が、莫大な金額を投資して長い時間準備をしてきたグループが相次いで公開されるという点で、視線が集まっています。

Big Hit エンターテイメント


Facebookより

BTS(防弾少年団)の所属事務所であるBig Hit エンターテイメントは、2019年初めに新人男性アイドルグループを公開します。韓国歌謡界の関係者によると、新人グループは5人組で、BTS(防弾少年団)とは全く違った雰囲気の音楽を披露することが明らかになっています。具体的な活動コンセプトも決定されていない状態ですが、BTS(防弾少年団)を生み出したBig Hit エンターテイメントが6年ぶりに打ち出す新人グループという点で、世界的な注目を集めています。

JYPエンターテイメント

JYPエンターテイメントもTWICEの妹分となる5人組の新人ガールズグループを公開します。当初、2018年の年末にデビューするとみられていましたが、音楽的な完成度を考慮して、時期が新年まで延期されたということです。JYPエンターテイメントは、国内のガールグループの中で頂上とも言える位置まで駆け上がったTWICEの後輩ガールズグループという点で心血を傾けているという話です。


オンラインコミュニティより

新人ガールズグループは具体的なコンセプトを徹底的に秘密にしていますが、JTBCのオーディション番組「MIX NINE」で1位を獲得したシン・リュジンや、SBSのオーディション番組「THE FAN」に出演したファン・イェジ、IZ*ONEチェヨンの実の妹イ・チェリョンなどがメンバーの有力候補とされています。また、グループ名については、すでにJYPエンターテインメントが商標登録中という“ITZY”であるという説が濃厚です。意味は“すごい人”とのこと。

FNCエンターテイメント

FNCエンターテイメントは、すでに“第2のTWICE”を目指していると思われるグループを公開しました。AOAの妹グループと呼ばれる10人組の新人ガールズグループ“Cherry Bullet”です。


Twitterより

来年の1月初めにカムバックを控えている彼女たちは、FNCエンターテイメントがAOA以来7年ぶりに発表した日本人も在籍する多国籍ガールズグループです。11月から、インターネットチャネルを介してメンバーを次々と公開した後、現在はMnetのリアリティー番組「挨拶チャンネル Cherry Bullet」でデビュー前の日常を公開して好奇心を引き上げています。

YGエンターテイメント

BIGBANG、WINNER、iKON、BLACKPINKなどを生み出した“アイドル名家”と呼ばれるYGエンターテイメントも先月から新人ボーイズグループの選抜番組「YG宝石箱」を放送しています。29人の練習生の中から優秀なメンバーを選び、来年上半期中にはデビューさせる計画だと言われています。

SMエンターテイメント

この他にも少女時代やEXOが所属するSMエンターテイメントも、12月3日付で“Spry”という名前を商標出願中と分かりました。

ファンの間では新ガールズグループの名前と噂されていて、本当ならばRED VELVETの妹分の誕生で、JYPエンターテイメントの“ITZY”、FNCエンターテイメントの“Cherry Bullet”と激しい新人競争を繰り広げるものとみられています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す