新人賞 4冠達成!大人気 THE BOYZの2018年はすごかった!

11月29日にミニアルバム「THE ONLY」を発表、タイトル曲「No Air」で活動中のボーイズグループ『THE BOYZ』。彼らは12月6日にデビュー1周年を迎えました。


Naverより

“全員センター”という修飾語でデビュー前から注目を集めてきた『THE BOYZ』は、わずか一年で驚くべき成長を遂げました。

デビュー曲が1位候補に

MBC every1-MBC Musicのリアリティー番組「꽃미남 분식집(イケメン粉食屋)」に出演し、正式に世間に顔を知らせた『THE BOYZ』は、放映終了2ヶ月後にデビューアルバム「THE FIRST」とタイトル曲「少年」で注目を浴びました。

デビュー曲「少年」は、なんとMnetの歌番組「M COUNTDOWN」の1位候補に。デビューからわずかな期間で、意味のある成果を記録したのです。

休みなしの連続カムバック

今年は4月に2ndミニアルバム「THE START」のタイトル曲「Giddy Up」でパワフルなエネルギーを披露。メンバーのファルの負傷で完全体での活動ができずに残念な思いを残しましたが、9週間の活動を通じてファン層をより強固にすることができました。

7月にはBlock Bのパッキョンがプロデュースしたスペシャルシングル「KeePer」でカムバック。

9月には1stシングル「THE SPHERE」のタイトル曲「Right Here」で12人の完全体でできる最大限の完璧なパフォーマンスで愛されました。

新譜「THE ONLY」が大ヒット中

そして2ヶ月ぶりの高速カムバックに成功した『THE BOYZ』は、ミニアルバム「THE ONLY」では成熟した少年たちの雰囲気を公開しました。今までのアルバムではユニークなコンセプトのティーザーを公開してきた『THE BOYZ』ですが、今回は息を呑むような瞬間を表現した写真やフィルムなどで視線を集め、「No Air」の雰囲気を完全に消化したのです。


Twitterより

今回のアルバム「THE ONLY」は、発売初週のアルバム販売量が4万枚を突破し、『THE BOYZ』の自己最高記録を打ち立てています。

ソロ活動も盛ん

MBNのバラエティー番組「私たちの家にハッピーが来た」に完全体で出演したのはもちろん、ゆっくりとメンバー一人一人の名前を世間に浸透させています。Mnet「プロデュース101 シーズン2」に出演し、すでにある程度の知名度があるチュ・ハクニョンだけでなく、ジェイコブとケビンはアリランTVの「Simply K-Pop」のMCとして活躍していたり、ソヌはtvNのバラエティー番組「私の数学思春期」などのバラエティー番組に出演しました。


HPより

『THE BOYZ』のメインダンサーであるキューは、アイドルファンの間で大きな話題を集めた1theKが配信したダンス対決番組「Dance War」に出演。好評価を得ました。また、ジュヨンは“アイドルの登竜門”とも言われているSBSの人気バラエティー番組「ジャングルの法則 〜太平洋北マリアナ諸島編〜」の先発隊に合流し、放送を控えた状態です。


HPより

新人賞 4冠達成!

『THE BOYZ』は活発な活動を経て、確実に世間に存在を知らせることに成功しました。多数の授賞式で新人賞を4つも獲得!まだ本格的な授賞式シーズンではないことを考慮すると、これから追加の新人賞受賞も考えられます。


Naverより

また、複数のグラビアや広告でも活躍しているます。日本でも10月からTOKYO MXの新Kカルチャー情報バラエティー番組「オトセヨ?」にレギュラー出演するなど、海外でも徐々に反応を得てきています。

多くのアイドルが存在する韓国歌謡界で、新人ボーイズグループの中で良い成果を収めた『THE BOYZ』。すくすくと成長している『THE BOYZ』のこれからが気になります。


Twitterより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す