じわじわと人気を集め“音源強者”に君臨したBTOB

11月12日に公開されたボーイズグループBTOBのスペシャルアルバム「HOUR MOMENT」のタイトル曲「美しくも悲しい」が人気を集めています。


Twitterより

BTOBの成長速度

BTOBの人気の成長速度は、通常のアイドルたちとは少し異なります。2012年にデビューして今年7年目のアイドルになったBTOBは、昨日より今日、今日より明日と一日ずつ増えていく愛を受け取っています。爆発的ではありませんが、まるで漢方のように染みわたっていくユニークなグループだと評価されています。

平凡→音源強者に


Twitterより

デビュー当時BTOBの成績は平凡でした。あふれ出る新人アイドルグループの中で、BTOBは“実力はあるのに目立つ成績を収めることができないグループのひとつ”と言われていたのです。それからBTOBは失望することなく着実に、自分たちの音楽を磨いてきました。遊び心いっぱいのステージの下の姿が好感を集め、しっかりとした歌唱力を認められて注目され始めました。その成長速度は目立つほど速くはありませんでしたが、いつの間にかBTOBは“信じ聴けるグループ”に位置づけられ、音源チャートの上位圏をさらう音源強者になったのです。

BTOBだけのカラー

BTOBは遅い成長を遂げる中で、自分たちのカラーを模索しながら、どのジャンルも消化することができる数少ないグループになりました。デビュー曲の「秘密」から「뛰뛰빵빵 (Beep Beep) 」、「WOW」までアイドルの定番とも言える若々しいダンス舞台を披露してきたBTOBは、「大丈夫だよ」、「家に帰る道」、「春の記憶」で、繊細な感性と歌唱力を前面に出したバラードタイトルを発表。音楽ファンたちの心を奪ったのです。

“ボーカル担当のメンバー全員がメインボーカルのよう”という評価を得た中、ラップの実力が優れたメンバーと歌の実力が群を抜いているメンバーが調和した実力派グループとして位置づけられました。何よりも音楽スタイルの変更に伴って、それぞれの個性をよく混ぜ合わせ出す能力が優れています。

イム・ヒョンシクのプロデュース力


Twitterより

また、メンバーのイム・ヒョンシクが本格的にプロデュースに出て、自分たちの音楽の世界をさらに硬く固めたことも、BTOBを上昇気流に乗せた要因のひとつです。イム・ヒョンシクは「君なしじゃダメ」、「祈り」、「Missing You」など続けてヒットさせ、“信じて聴けるアイドルプロデューサー”として位置づけました。数年間同じ釜の飯を食べてしっかりとした友情を誇るBTOBだけに、イム・ヒョンシクはメンバーたちの強みを正しく生かし出し、音楽に味を加えたのです。

新曲もヒットの予感

じわじわと成長してきたBTOBは、いつのまにか音楽ファンたちの間に完全に浸透しました。11月12日午後6時に発売された新曲「美しくも悲しい」は、韓国最大の音源チャートMelonで初登場5位にランクイン。一日経過した11月13日には2位までランクを上げています。(午前11時基準)。


Melon HPより

「美しくも悲しい」は、メンバーのイム・ヒョンシクとプロデューサー兼歌手のEDENが再びタッグを組んだBTOBの感性溢れるバラード曲で、今生きているこの時間が二度と戻らないことが美しくて悲しいという意味が込められたミディアムテンポの楽曲です。

ファンだけでなく、音楽が好きな人が誰でも“信じて聴くことができる”グループになったBTOB。長い間音楽を続けることができる最も心強い基盤を得たと、韓国ネチズンたちから評価されています。今後メンバーの入隊が続きますが、それでもより一層の活躍が期待されているのです。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す