YouTubeチャンネル登録者数1000万人目前“カバー曲の女神”J.Fla、まずはこの楽曲をチェック!

韓国で“カバー曲の女神”と呼ばれている人気YouTuberのJ.Flaが、チャンネル登録者数1000万人を目前に控え、再度注目を集めています。

J.Flaは、海外の有名曲を自分だけのスタイルで解釈したカバー動画をYouTubeにアップすることで有名になりました。彼女特有の濃く伝わる訴える力と清らかな音色、そして爆発的な歌唱力は、世界的に音楽性を認められているのです。

1人のクリエイターとして、韓国で最も多くのチャンネル登録者を保有しているJ.Fla。今回はそんなJ.Flaのカバー曲の中から、反応が高い楽曲をいくつか紹介したいと思います。

1. Ed Sheeran「Shape Of You」

Ed Sheeranの大ヒット曲「Shape Of You」。この曲は、多くの人々の頭の中にJ.Flaを刻印させたカバー曲の代表的なひとつです。
昨年1月に掲載された「Shape Of You」のカバー映像は未だに世界中から熱い愛を受けていて、今現在なんと1億9,719万回以上の膨大な再生回数を記録しているのです。(11月9日基準)

2. Luis Fonsi「Despacito」

J.FlaがカバーしたLuis Fonsiの「Despacito」はEd Sheeranの「Shape Of You」と同じくらい爆発的な反応を得ました。
J.Flaは優れた歌唱力だけでなく、同時にスペイン語のラップまで完璧にこなして驚きをもたらしたのです。

3. Queen「Bohemian Rhapsody」

9月にJ.Flaは伝説のロックバンドQueenの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の制作を記念する意味で、Queenの「ボヘミアン・ラプソディ」のカバー映像を投稿しました。
ハスキーさが魅力のQueenのリードボーカルフレディ・マーキュリーの音色とはまったく違いながらも、切なくも苦い感性をそのまま醸し出したという高評価を受けたのです。

4. Camilla Cabello「Havana」

J.Flaは、韓国の音源サイトで“チャート逆走行”を記録するほどの人気をみせたCamilla Cabelloの「Havana」を違った感性で表現しました。
J.Flaの清らかな音色は、セクシーでハスキーな声が魅力的な原曲とは全く違う感じを作り出したのです。

5. 映画『アナと雪の女王 』主題歌 「Let It Go」

J.Flaは、世界中で人気を集めたディズニーのアニメーション映画「アナと雪の女王 」の主題歌である「Let It Go」も完璧にカバーしました。
まるで主人公のエルサが歌っているかのような、美しく清らかな彼女の声が加わったこのカバー曲は原曲と同じくらい熱い愛を受けました。

6. Adam Levine「Lost Stars」

Adam Levine の「Lost stars」は、映画「はじまりのうた」の代表OSTで、韓国内では映画と同じくらい熱い愛を受けた楽曲です。(アダム・レヴィーンは主役のキーラ・ナイトレイの恋人のミュージシャン役で映画に出演しています。)
切ないながらもほろ苦い雰囲気のこの曲は、J.Fla特有の音色が加わり、さらに濃い感性を呼び起こすものになりました。


Instagramより

この他にもCharlie Puthの「Attention」や、The Chainsmokersの「Don't Let Me Down」、Taylor Swiftの「Look What You Made Me Do」など、J.Fla特有の感性で歌い上げています。記念すべきチャンネル登録者数1000万人突破まであと少し!気になった方は一度J.FlaのYouTubeチャンネル【JFlaMusic】を覗いてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す