カムバックMONSTA X「今回のアルバムの目標はMelon40位!」

10月22日に2ndフルアルバム「TAKE.1<ARE YOU THERE?>」でカムバックしたMONSTA X。

今回のアルバムにはメンバーのジュホンとIMが作詞に参加したタイトル曲の「Shoot Out」の他に、「Underwater」「Heart Attack」「Myself」「By My Side」「SPOTLIGHT」など全10曲が収録されています。また、ワールドツアーで先行公開して反響を呼んだウォノの自作曲でキヒョンとミニョクが作詞に参加したユニット曲「ノル ハダ」も含まれていて発売前から話題を集めていました。

今回は世界中にファンを増やしているMONSTA Xが、新アルバムに対する思いを語ったインタビューをまとめてみたいと思います。


Twitterより

Q. IMの初自作曲「어디서 뭐해」が収録されました。感想は?

A. この曲は、1年前から着実に作業してきました。タイトルのように“어디서 뭐해”と相手に問う、続きが気になる内容になっています。(IM)


Twitterより

A. 個人的にIMの自作曲を初めて聴いたときに期待していなかったのは事実です。でも聴いてみて、僕たちの最年少は作曲の才能があったんだと思いました。(キヒョン)

A. IMの歌が大衆性と最も近い歌だと思っています。(ミニョク)

Q. ウォノとジュホンも自作曲を公開しましたよね?

A. 元々はコンサートの時にキヒョンとミニョクとユニット舞台をするために作った曲でしたが、ファンの方たちがとても好んでくださったので入れることになりました。キヒョンとミニョクが作詞を一緒に手伝ってくれたので、意味がある歌だと思っています。(ウォノ)


Twitterより

A. 僕は「By My Side」という曲を作りましたが、この曲を作っていた時ワールドツアーと並行していて大変でした。疲れていましたが、ファンの方たちがたくさん力をくださり、ファンの方たちにそばにいてほしいというメッセージを入れたんです。(ジュホン)

Q. 今回のアルバムの目標は?

A. Melon40位!僕たちはデビュー初めに、40位台を目標にしていました。改編以降のアルバムの成績はとても気に入っていますし、ゴールデンディスク賞を受賞することができ感謝しています。でも音源の成績は少し残念でした。再び初心に帰るという意味で40位を目指したいです。(ミニョク)


Twitterより

Q. MONSTA Xだけのカラーと多少低い音源順位の間で葛藤はありませんでしたか?

A. 僕たちももちろん音源順位が良い曲は大衆性がある曲だと理解しています。しかし、大衆性だけを意識して僕たちだけのカラーを見失なった場合、それは良い影響を与える可能性はないと思いました。大衆性を失ってしまうかもしれませんが、僕たちだけのカラーを失いたくはありません。(キヒョン)

Q. 衣装のポイントを教えてください。

A. 男らしさを強く見せています。ミュージックビデオではマスクを付けていたり、男性的な姿を見せるアイテムがたくさん入っています。(ジュホン)

A. 今回のアルバムの衣装は僕にとって最大のチャレンジでした。シースルーの衣装を最初に見た時は尻込みましたが、チャレンジだと思って思い切って着てみました。(キヒョン)

Q. 今回のアルバム活動を通じて一番変身したのは誰ですか?

A. ショヌリーダー様です。髪の色を赤くしたのが大きな変身です。ただしたのではなく、アルバムに関連づけて染色をしたんですよ。(IM)

A. 最近ショヌひょんがダイエットに夢中になっています。ショヌひょんが一番変身したと思います。(ミニョク)

A. 最近ユ・アインさんに似ているとよく言われるんです。(ショヌ)


Twitterより

コスメブランド『TONY MOLY』の“グローバルブランドミューズ”に抜擢されるなど絶好調のMONSTA X。今回のアルバムで目標達成となるのか、注目されています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す