iKON→BLACKPINKジェニー→WINNERorソン・ミノソロ?YGエンターテイメント年末の黄金ラインナップ!

YGエンターテイメントが、年末まで活発な活動を予告しています。iKONの秋のカムバックに続いてBLACKPINKのジェニーのソロ、そしてWINNERの“良い知らせ”の予告まで加わって、ファンたちの期待を受けています。

iKON、異例の3回カムバック

今年YGエンターテイメントのアーティストはこれまで以上に活発な活動を続けてきました。中でもiKONは「恋をした」、「KILLING ME」、「GOODBYE ROAD」とカムバックを3回進行しながら、3作品全てヒットさせた状況です。


Twitterより

2018年最高のヒット曲と言われている「恋をした」から、最新作「GOODBYE ROAD」まで相次いでヒット曲を誕生させたことで、新しい“音源強者”に浮上しました。1年に3回カムバックを行い、活発な活動を続けてきただけに、今後も安定した活躍が期待されています。

BLACKPINKジェニーのソロ

iKONの3連続カムバックと一緒に期待される次の走者は、BLACKPINKのメンバージェニーです。YGエンターテイメントは10月22日、“ジェニーのソロ曲の舞台をBLACKPINKのコンサートで初めて公開することを決定した。”と明らかにしました。11月10日〜11日の両日、韓国のオリンピック体操競技場で行われるBLACKPINKの初単独コンサートで、ジェニーのソロ曲が初公開されるということです。


Instagramより

BLACKPINKは6月に「DDU-DU DDU-DU」を発表し、世界的な人気を集めるほど良い成果を収めました。ミュージックビデオが発売から3ヶ月でYouTube再生回数4億ビューを達成するなどグローバルに活躍したのです。BLACKPINKの中でラップとボーカルを担当しているジェニーの実力はすでに知られており、ソロへの期待が高まっています。

また、ジェニーだけでなく、BLACKPINKのメンバー全員がソロ曲を準備していることが明かされました。ジェニーがBLACKPINKのソロの第一走者となりましたが、他のメンバーも順次ソロ曲を発表する計画です。個性の強いBLACKPINKの4人のメンバーの今後の活躍が注目されます。

WINNERの“良い知らせ”

iKONの活躍とBLACKPINKのソロ予告に続いてWINNERのカムバックも予告されました。ヤン・ヒョンソク代表が直接 "近日中に、WINNERの良い知らせをお伝えします”と明らかにし、ファンの関心を集めている状況です。“良い知らせ”=“カムバック”と解釈されています。


Twitterより

YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表は10月22日午前、自身のSNSに『#WINNER#2018EVERYWHERETOUR #BANGKOK #DURINGEVERYWHERETOUR#4OURCIRCLE #YG 近日中に、WINNERの良い知らせをお伝えします。一つではなく、いくつか。 Will deliver the good news of WINNER soon。Not just one but many』という文を掲載しました。iKONが新曲の活動を継続している中で、WINNERの嬉しい予告が発表されファンたちの関心を集めています。

WINNERは4月に正規アルバム「EVERYD4Y」を発表して活発に活動しました。タイトル曲「EVERYDAY」で1位を記録し、昨年に続いて良い成果を収めたのです。以降アジアツアーを進行して世界のファンと会っている状況で、ヤン・ヒョンソク代表が再びWINNERのカムバックを予告し、年末まで活発な活動が続く見通しとなりました。


Twitterより

また、ヤン・ヒョンソク代表は先月WINNERのソン・ミノのソロアルバム発表を予告しています。ソン・ミノの新曲録音が終わったことを知らせ、ミュージックビデオを撮影している姿を公開しました。ファンはWINNERの良い知らせを完全体の活動とソン・ミノのソロアルバム発表などと解釈しています。

iKONからBLACKPINKジェニーのソロ、WINNERの活動まで、YGエンターテイメントの黄金のラインナップが完成しました。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す