リメイク楽曲でカムバックしたVAV。2PMに続く“野獣アイドル”に?

今年一年の間、日本やアメリカ、ブラジル、ヨーロッパ、タイなど約10カ国を行き来して活発な活動を広げてきたボーイズグループVAVが、情熱的なラテンポップ「Senorita」でカムバックしました。 10月11日に発売されたVAVの新曲「Senorita」は、ドイツの有名な歌手Kay Oneのメガヒット曲「Senorita」をリメイクした楽曲です。

今回は、1月に発売した「Spotlight」以降約8ヶ月ぶりに「Senorita」でカムバックしたVAVの今後の抱負について語ったインタビューをまとめてみたいと思います。

1. 約8ヶ月ぶりにカムバックした感想について

St.van
「空白期が少しありましたが、それだけ準備を長くしたので、多くのファンが好きだと思ってくださったら嬉しいです。どのような反応をしてくれるのか期待しています。」

ACE
「新しく挑戦する音楽のラテンポップなので、その点がどのような反応を得るのかときめいて期待しています。」


Twitterより

2. 新曲「Senorita」について

VaRon
「7人の男が愛を見つける旅に出る冒険を描いた歌で、強烈なギターサウンドとラテンポップが魅力的な曲です。原曲者Kay Oneの歌をVAVだけのカラーでリメイクした曲です。ミュージックビデオは男性美の姿を見せたつもりです。期待してください。」

3. 「Senorita」を初めて聴いたときの印象は?

LOU
「僕たちが継続していた音楽はラテンポップよりもポップな要素が強い曲でしたが、今回は雰囲気が違いました。ラテンポップの音楽をやることになったときにどんな姿が出てくるのか期待して、多くの歌の中から「Senorita」に決定しました。」

ACE
「正直タイトル曲になるとは思いませんでした。「Senorita」は収録曲の一つと思っていたんです。南米のファンを狙った曲だと心配もたくさんしました。僕たちがハングルで歌うと魅力が落ちないか心配しましたが、幸いにも結果に満足しています。」


Twitterより

4. カムバックの準備の中で、最も記憶に残るエピソードは?

Jacob
「僕たちのアメリカ公演で「Senorita」を先行公開したんですが、反応がとても良かったんです。本当に幸せでした。」

5. VAVが考える自分たちだけの強みとは?

AYNO
「フィジカルが本当に良いです。たくましいメンバーが本当に多いんです。今回のアルバムを準備しながら、マッチョな2PM先輩に続く“野獣アイドル”コンセプトに向かってみようかと話していました。」

VaRon
「もう一つの強みは、7人が多彩で魅力的な声を持っていることです。それが一番の強みではないかと思います。」

ZIU
「僕たちの歌を聴くと声だけでメンバーをすぐに区別することができる程、ボイスカラーが多様なのが強みです。」


Twitterより

6. 最終目標は?

AYNO
「2万人を動員するワールドツアーを毎公演ごとに完売させたいです。」

ZIU
「チームとしてはトリプルクラウンを達成したいです。個人的には死ぬ前に必ず宇宙旅行に行きたいです。」

VaRon
「チームとしては共に年を重ね笑いながら生活して、公演をたくさんしたいです。人生の最終目標は、韓国に国際的な音楽財団を立てて音楽教育を受けられない人たちに学ぶ場所を作ることです。」

Jacob
「VAVとしての目標は、全ての国民が分かるグループになったら良いと思います。」

ACE
「チームとしてはメンバーみんなが幸せでいてほしい。演技や作曲、運動など各自やりたいことをやりながらグループの活動も熱心にして幸せなグループになったら良いでしょう。人生の目標もVAVとしての幸せと僕の人生が満足していればいいと思います。」

LOU
「事実最終目標というと曖昧です。VAVがどこまで行くことができるかはまだ頭に浮かびません。すぐの目標は、音源チャートで1位をとってみたいです。その次はどこまで成長することができるかは分かりません。人生の目標は、仕事に成功してその後に自宅を見た時、僕の子供や家族に恥ずかしくないような人になったら良いと思います。」

St.van
「チームとしては、世界の全ての国で公演をするのが目標です。個人的にはまだ分かりません。毎日一生懸命やりながら楽しく生きるのが目標です。」


Twitterより

グローバルグループの新星として注目されているVAV。新たなジャンルでファン層を拡大するのか、これからの彼らの活動が楽しみです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す