アメリカデビューに成功!10人体制で挑むNCT127いよいよ韓国カムバック

NCT127がアメリカでのデビュープロモーションを成功的に終え、韓国でのカムバックに拍車をかけました。

カムバックに向け
NCT 127が改革したこと

NCT127は10月12日午後6時に各種音源サイトを通じて初の正規アルバム「NCT#127 Regular-Irregular」を発表。本格的な活動に乗り出しました。


Twitterより

2016年にデビューして以降着実に成長してきたNCT127は、今回の新しいアルバム発売に向け大きな変化を与えました。まずジョンウを新しいメンバーに加え、新たに10人組編成としてボーカルを強化したのです。

もちろんNCT127特有のパフォーマンスもまた強烈で派手なものになっています。新アルバムの発売に先立って公開されたミュージックビデオでNCT127は、今まで披露してきたどの曲よりも激しく踊りあげ、その一方で洗練さを失わず、完成度を高めた姿を見せました。

アメリカでプロモーション活動

NCT127は韓国のカムバックに先立ち、アメリカでデビュープロモーションを進行。グローバルアイドルに成長することができる基盤を用意しました。

10月8日午後11時35分(現地時間)には、アメリカABCテレビで放送されている「ジミー・キンメル・ライブ!」にミュージックゲストとして出演。初の正規アルバムのタイトル曲「Regular」を披露し、爆発的な反応を得たのです。

これだけでなく、アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルスにあるルーフトップラウンジスカイライン204(SKYLINE 204)で、アップルの音楽ライブイベント「APPLE MUSIC UP NEXT WITH NCT 127」を開催。アップルの音楽が全世界のアーティストを対象に、今月の最も活躍が期待されるスターを発表した「UP NEXT」に、アジアの歌手として初めて選定され話題を集めました。

10月9日には有名放送局FOX 11チャンネルの人気モーニングショー「Good Day LA」に生出演。アメリカのビッグな音楽授賞式「2018 AMA」が注目した新進気鋭のK-POPスターとして招待され、カリフォルニア州ロサンゼルスのMicrosoft Theaterで行われたレッドカーペットイベントに参加して、世界中のファンたちの視線を捕らえました。

このような成功的な歩みとともに「Good Morning America」、「Access」、「Extra」、「E!News」、「エンターテイメント・トゥナイト」、「Billboard」など、様々な有力メディアとのインタビューを相次いで消化しました。

このようにNCT127は韓国でのカムバックに先立ち、アメリカでの最初の一歩を正確に踏み出したのです。

帰国後すぐ
歌番組出演ラッシュ

多忙なアメリカプロモーションを終えたばかりのNCT127ですが、帰国後すぐに歌番組の出演が待っています。10月12日のKBS 2TV「ミュージック・バンク」を皮切りに、13日MBC「ショー! 音楽中心」、14日SBS「人気歌謡」など音楽番組に次々に出演して、タイトル曲「Regular」と収録曲「Come Back」の2曲のステージを披露する予定です。

タイトル曲「Regular」がメンバーたちの独特のボーカルとラップが引き立つ中毒的な“Latin Trap”ジャンルの曲であるだけに、パフォーマンスもグルーブ感あふれる音楽の魅力とNCT127の強烈なエネルギーを最大に表現した様々な動作で構成されています。世界的な振付師RIE HATA(リエ ハタ)さんが作業を引き受けて完成度を高めたということで、より一層話題を集めるものと期待されています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す