ティファニーの新しいヘアースタイルが似合いすぎると話題に。「少女時代のメンバーとは毎日チャットしています」

黒髪のボブヘアーになったティファニーがとにかく超可愛い! と、韓国オンライン上で若者層を中心に話題を集めています。もちろん今までどんなスタイルでも完璧に消化してきた彼女ですが、可愛らしさに小悪魔感(?)が加わって更に魅力倍増!


Twitterより

2007年から少女時代の中心メンバーとして忙しく活動してきたティファニーですが、現在は“朝6時に起床し8時に演技を学ぶスクールで授業を受け、15時半から夕方までレッスン、それ以降は自宅で個人練習、午前1時に眠る”という生活を繰り返しているということです。なんて多忙な毎日!

ボーカルの基礎を再び学ぶ

アメリカの芸能事務所《Paradigm Talent Agency》に移籍し、6月にはアルバム「Over My Skin」を発売。

最近ではアリアナ・グランデやケイティ・ペリーといったスターたちのボーカルトレーナーだったエリック・ベトロから呼吸の基礎や発声まで再び学んでいるということです。“ティファニー”という本来の名前に、本名である“ヤング”を付け加えた理由もそこにあるといいます。ティファニーは、“再起動したという意味、そして自分をアーティストにしたアイデンティティの根っこがK-POPと少女時代であることを、最近また実感しています。”と明かしています。

少女時代のメンバーたちとの
現在の関係は?

ティファニーは少女時代のメンバーたちと最近も変わらずチャットルームで毎日のように会話していると言います。“私はみんなに、「もしも私の曲がアメリカの授賞式で候補に上がったら、自費でみんなを招待する」と話しています。もっと熱心にしなければならない理由がまた増えました。

https://twitter.com/tiffanyyoung/status/1025806810345684992?s=21

少女時代の活動時には、「本当は仲が悪いんでしょ?」といった言葉や、「工場型アイドル」などと言われてきました。それでも18歳の時に歌った「また巡り逢えた世界」は、確実に本気で歌いました。これからも本気で歌っていきたいです。”とティファニーは話しています。

韓国人初!
H&Mモデルに

アメリカでソロ活動を始めたティファニーは、グローバルファッションブランドH&Mのキャンペーン『H&M >< MUSIC:TIFFANY YOUNG』のモデルに抜擢されました。『H&M >< MUSIC:TIFFANY YOUNG』は、新しい冒険をテーマにした今年の秋のミュージックキャンペーンです。キャンペーンビジュアルは、スコットランド北部の山岳地帯を背景に撮影されました。


Twitterより


Twitterより

『H&M >< MUSIC:TIFFANY YOUNG』は、快適でカジュアルであると同時に、女性らしい印象の定番の秋アイテムで構成されています。豊かで暖かい色と新鮮なパステルカラーをメインにオーバーサイズのニットや人工革のジャケット、ベロア素材のドレス、粗粒デニムパンツなど。また、Aラインスカートやストレートジーンズ、ボリューム感のあるパッド入りのジャケットなど自信に満ちたスタイルを完成させるアイテムも揃っています。9月末から店舗と公式オンラインストアでリリースされているので、是非一度チェックしてみてください。今回のキャンペーンと同時にリリースされた新曲「Teach You」も要チェック!

ティファニーが空港で着用した洋服はH&Mのもの↓「可愛い!」と話題になりました。


Twitterより

2018アメリカン・ミュージック・アワードに参加!

ティファニーは10月9日午後3時(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスのマイクロソフト劇場で行われた「2018 アメリカン・ミュージック・アワード」のレッドカーペットイベントに参加しました。


HPより

アメリカン・ミュージック・アワードというとボーイズグループBTS(防弾少年団)が韓国グループとして初となる《フェイバリット・ソーシャル・アーティスト》賞を受賞したことに焦点があてられていますが、ティファニーがソロで海外の授賞式に立つのは今回が初めてということでとても意味があることです。

映画やドラマのオーディションをたくさん受けているというティファニー。“女優ティファニー”の姿を観るのも遠くない未来のようです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す