アメリカで演説を行った防弾少年団。「自ら愛すること」若い世代に向かってメッセージ

世界的に人気を集めているK-POPグループ防弾少年団が、先日24日アメリカのニューヨーク国連総会の会議場(Trusteeship Council Chamber)にて開催されたUNICEF(ユニセフ)の”Generation Unlimited”発表イベントに参加したことで話題となっています。

”Generation Unlimited”に参加した防弾少年団のメンバーたち

防弾少年団はアメリカのニューヨーク国連総会の会議場(Trusteeship Council Chamber)にて開かれた24日国連児童基金(UNICEF・ユニセフ)のイベント”Generation Unlimited”に参加しました。このイベントは既存している世代に頼るのではなく、自らが積極的に声をあげながら権限を拡大していこうという趣旨で行われたものとなっています。今回のイベントに参加することとなった防弾少年団は講演者として招待され、防弾少年団のメンバーたち全員が演壇に立ちながら、グループのリーダーであるRMが防弾少年団の代表として演説を行いました。

約7分間、英語でスピーチを行った防弾少年団のRM

この日グループを代表としてマイクを握ったRMは、約7分間英語でスピーチを行いました。スピーチでのRMは韓国の平凡な少年でありながら、防弾少年団のリーダーとして、個人的な経験を込めながら若い世代に向けたメッセージを伝えました。


Instagramより

防弾少年団RMの思いがこもったスピーチ

ラップモンスターとして人気を集めているRMですが、スピーチをしている席では自身を本名である”キム・ナムジュン”とし、流暢な英語で自分自身に関するスピーチをはじめました。RMは「ソウルの近くにあるイルサンという美しい都市で生まれて美しい幼少期を過ごしてきた。」と自身の自己紹介から始め、続いて「10歳くらいから他の人たちの視線で私を見て、誰かがつくっていた枠組みに自分を押し込めて、自分自身の声を忘れていった。音楽という逃げる場所があったが、防弾少年団になった後もたくさんの人たちが私たちに希望がないと言うたびに諦めてしまいたかった。数百万枚のアルバムが売れてスタジアムで公演するアーティストになったが、相変わらず24歳の平凡な青年で、側にいるメンバーたちとファン達の愛と声援があるおかげでこのようなに成功することが可能だった。」


Instagramより

「失敗したり短所があるけれど自分の姿をそのまま維持すること。私たち自らどうやって生き方を変えることができるか、私たち自ら愛することだ。みなさんの声を出してほしい。みなさんのストーリーを話してほしい。私者防弾少年団のRMであり、韓国のアイドルでアーティストとして、他の人たちのようにミスもあるし欠点も多いが、自分自身を全力をつくして抱きしめながら、すこしずつ愛していこうとしている。」とRM自身のストーリーや若い世代の人たちに向けたメッセージを伝えてスピーチを終了させました。

ニューヨークでの公演を控えている防弾少年団

防弾少年団は今月の5日からロサンゼルスをスタートとしワールドツアーに突入しています。来月10月6日にはニューヨークにて公演を行う予定となっており、コンサート会場となっているシティ・フィールドはアメリカのメジャーリーグであるニューヨーク・メッツのホームグラウンドとしても知られており、ポールマッカートニーやビヨンセ、レディーガガなどといった世界を代表するトップアーティストたちが舞台に立った場所としても有名となっています。今回のシティ・フィールドでの公演は韓国歌手では初めてだということでも大きな注目を集めています。


Instagramより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す