プロデュース48に出演していたコ・ユジン、高いダンスの実力とビジュアルでこれからの活躍に期待が!

アイドルグループIZ*ONEを誕生させた韓国のサバイバルオーディション番組”プロデュース48”に練習生として出演していたBlockberryクリエイティブ所属のコ・ユジンです。コ・ユジンはプロデュース48番組内でのコンセプト評価が行われる前に惜しくも脱落してしまいましたが、カリスマ性溢れるコ・ユジンの魅力に番組終了後も多くの注目が集まっています。

コ・ユジンプロフィール

名前:コ・ユジン

生年月日:2000年9月23日生まれ     

身長:162~3cm

体重:47kg

趣味:1人で遊ぶこと

特技:1人で遊ぶこと&ダンス


Instagramより

コ・ユジンにとって”プロデュース48”とは?

サバイバルオーディション番組”プロデュース48”に練習生として出演していたコ・ユジンは番組プロデュース48について「番組内で私をたくさん見せることができなかったというところに申し訳ないという気持ちもあるが、それでも投票をたくさんしてくださって本当に感謝している。普段道を歩いていたら私のことをわかってくれるということにもとても感謝だ。本当に感謝。私が特別になにかしたわけでもないけれどそうやっていろんな人の頭の中に残っているということがとても嬉しい。何かをずっと見せることができるように一生懸命活動していくので、もう少しの間待っていてほしい。」と、番組に出演してから多くの人が自分に関心を持ってくれているということへの感謝の気持ちを伝えました。


Instagramより

さらに続いて「プロデュース48は所属事務所が声をかけてくれてミーティングも行いながら出演することを決めた。前回のシーズンの時に番組を見ながら『私も出演したい。おもしろそうだ。』という考えをたくさんした。番組を見ながら私もうまくできそうだと考えていたけど、実際に出演してみたら辛かったこともあったけれど、楽しい時間だった。」と番組出演への経緯を述べながら、「プロデュース48はターニングポイントだった。」とプロデュース48に関しての一言を残しています。


Instagramより

コ・ユジンとRumor

コ・ユジンといえば、コンセプト評価の課題曲であった”Rumor”がよく似合っていたということでも注目を集めている練習生でした。コ・ユジンは可愛らしいイメージというよりも強めなイメージが大きく、課題曲であった”Rumor”の曲の雰囲気とダンスがとてもコ・ユジンのイメージとぴったりで、”Rumor”の振り付けを担当したトレーナからも「曲を聞いたときに一番にコ・ユジンが思い浮かんだ。」とコメントを残すほどでした。コ・ユジン自身も課題曲”Rumor”は自分自身に一番合ったベストな曲だということで臨時センターを担当しながら一生懸命練習を行っていましたが、コンセプト評価が行われる前の順位発表で惜しくも脱落してしまい、結果的には”Rumor”を披露することはできませんでした。

”Rumor”への後悔は?

コ・ユジンは「”Rumor”のステージにあがることができないまま脱落してしまったが、それでも落ちてしまったことで私が実時間検索語1位にもなることができたので大丈夫です。脱落してしまったけど、実時間検索語1位というのはすごいことなのではと思った。」と思い入れの深かった”Rumor”をファン達に向けて披露することはできなかったけれど、とても後悔している姿を見せている様子もなく、前向きな発言を残していました。

これからの活躍に期待!

プロデュース48に出演し魅力的なビジュアルだけでなく高いダンスの実力も見せ、多くのファンが誕生しているコ・ユジンです。今回のオーディション番組では惜しくもデビューすることはできませんでしたが、これからどういう風な活躍を見せてくれるのか期待ですね!


Instagramより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す