新曲が大ヒット中!“新音源強者”Punchの人気の理由とは?

ソロ女性アーティストのPunchが9月12日に発表した新曲「Good Bye」が、6日間音源チャートトップという成績で絶好調の歩みをみせています。

6日間1位持続
「Good Bye」

Punchは9月12日に新曲「Good Bye」を発表しました。発売以降18日午後8時まで韓国国内最大の音源チャート《Melon》で6日目の1位を維持してロングランヒットを飛ばしています。ランクインしたのはMelonだけではありません。Mnet、genie、olleh musicで2位、Bugs! で5位、soribadaで9位など、主要音源チャートで上位圏を占領し、“新音源強者”として位置づけました。


Facebookより

放送活動なしの異例の記録

今回の記録の特にすごい点は、Punchが特別な放送や広報活動をすることなく音楽ひとつだけで成し遂げた記録ということです。これはとても意味が大きいと言われています。現在音源チャートでは韓国を代表するボーイズグループBTS(防弾少年団)や、人気絶頂のソロアーティストソンミなどそうそうたる相手が上位圏をめぐり熾烈な戦いを繰り広げています。そのため、Punchの「Good Bye」の独走状態に対して、いくつかの音楽ファンの間で疑問の声があがっているのも事実です。しかし、彼女の音源チャートに疑惑を提起するほど明確な根拠はない為、あくまで“疑問の声”止まりです。

Punchの新曲「Good Bye」は今の愛がすでに終わってしまった愛だということを知り、歌を通じて恋人を心から消す心を表わした楽曲です。
恋人との胸がしびれる別れ話をPunch特有の感情で繊細に表現し、幅広い年代から共感を得て大きな反響を受けています。

Punchは以前発表した夜3部作「夜になるから」、「今夜も」、「夜の終わり」に続き、新しい話を盛り込んだ今回の「Good Bye」で再び音源チャートで頭角を表わし、新しい音源強者の底力を誇示しました。

そもそも
Punchって?


Facebookより

Punchは濃い感性のボーカルはもちろんですが、優れたラップの実力まで兼ね備えた、実力派女性ソロアーティストです。2017年には「夜になるから」で音源チャートの逆走行神話を成し遂げて、“逆走行アイコン”という呼び名をゲットしました。その後彼女は、主要なフェスティバルをはじめ、大学の学園祭にオファーランキングで名だたるアーティストをおさえて1位を獲得。5月のたった1か月の間に、なんと50以上の学園祭に招待されたとのこと。人気アーティストの基盤を固めました。

新・OSTの女王

Punchの人気上昇の理由に対して関係者は、“Punchは「あなたが眠っている間に」や「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」などいくつかの人気ドラマのOSTを歌ったことで着実に認知度を積み重ねてきた。2017年には「夜になるから」で音源チャートの逆走行を遂げて、発表する曲ごとにチャート上位圏に上がっている。”と説明しました。

EXOファンからの認知度も抜群!

それだけではありません。Punchは人気アイドルグループEXOのファンから認知度が高いと言われています。PunchはEXOのメンバーの中で、チェンとチャニョルと一緒に作業をした歌手として話題を集めました。チェンとはドラマ「太陽の末裔」のOST「 Everytime」を一緒に歌い、チャニョルとは「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のOST「Stay with Me」で呼吸を合わせました。このような点も音源チャートで“好感”を与える要因の一つとして作用している、との分析も出ています。

Punchは最近所属事務所を通じて、歌手としての目標について質問を受けたことがあります。その時彼女は、“できるだけ多くの人たちが私の歌を共有してほしいと思っていました。その目標に一歩近づいたようで、1位をいただいてとても嬉しく不思議な気持ちでした。”と答えています。女性のソロアーティストの快進撃が目立つ中、Punchがどこまで記録を伸ばすのか。まだまだ世間の関心は止まりそうもありません。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す