T-ARAヒョミンが2年6ヵ月ぶりにカムバック!今年でデビュー10周年を迎えるヒョミン

アイドルグループT-ARA出身のメンバーとして知られているヒョミンがソロアーティストとして先日9月12日にデジタルシングル「MANGO(망고)」を発売し、カムバックを果たしました。デジタルシングル「MANGO(망고)」の発売と同日にカムバックを記念するショーケースも開催され、注目を集めています。     

約2年6か月ぶりとなるヒョミンのカムバック

ヒョミンは先日9月12日にソロシングルとして「MANGO(망고)」を発売しました。今回のシングル曲「MANGO(망고)」はR&Bポップジャンルの楽曲となっており、男女の関係における微妙な感情と複雑な心理を果物であるマンゴーに例えた曲となっています。さらに「MANGO(망고)」というタイトルには「Man, go(맨, 고)」という意味も込められているそうです。


Instagramより

タイトル曲「MANGO(망고)」での今回のヒョミンのカムバックは、2016年に発売されたソロアルバム「Sketch」以来となる約2年6ヶ月ぶりのカムバックとなっており、「MANGO(망고)」に続いて今年の下半期内には新しいアルバムを追加で発表する予定となっていることも決定されています。今回のカムバックはMBKエンターテイメントとの専属契約を切ってから初のカムバックとなりますが、ソロとしてのヒョミンの久しぶりのカムバックには多くのファン達からの注目と期待が集まっています。

「MANGO(망고)」のショーケースを開催

先日12日にアルバム発売と同時にソウルの江南区にてヒョミンの3枚目のアルバムとなる「MANGO(망고)」のショーケースが開催されました。カムバック曲である「」のステージを披露したヒョミンは「今回のアルバムでセクシーなコンセプトをしないようにと努力した。女性的だったりセクシーな姿をアピールする振り付けよりも、そうではない姿を強調しようとした。努力はしてみたけどまだセクシーな部分がたくさん見えてしまうみたいだ。」と自分自身のイメージを変えようと努力している途中だということを伝え、「アルバムを出すすことが決まったときにT-ARAのメンバーたちが一番最初に応援をしてくれた。この先行われるショーケースにもT-ARAのメンバーたちは来てくれると思う。」とT-ARAのメンバーについてもコメントを残しています。    

今年でデビュー10周年を迎えるヒョミン

アイドルグループT-ARAのメンバーとして2009年にデビューしたヒョミンは今年でデビュー10周年を迎えることになります。デビューしてから10年目を迎えるヒョミンは「デビュー10周年となったが、まだこういう場所が緊張する。まだたくさん不足しているようだ。もっと一生懸命にしていきたいと思う。」と述べ、以前問題となっていたT-ARAが所属していたMBKエンターテイメントとの関係ですがお互いに誤解が解けたようで、T-ARAのこれからの活動に関しては少しずつお互いの意見を調整していきながら方法を模索していく予定だというコメントも残しました。     


Instagramより

T-ARAメンバーたちとの仲良さげな姿も

ヒョミンは先日12日に自身のインスタグラムを通じてT-ARAのメンバーであるウンジョン・キュリと一緒に写っている写真を公開しました。公開された写真には今回のタイトル曲である「MANGO(망고)」にちなんでたくさんのマンゴーをメンバーたちからプレゼントしてもらっているヒョミンの姿が見られます。約2年6ヵ月ぶりのソロカムバックということもあり、T-ARAのメンバーたちからも大きな応援を受けているヒョミンでした。      


Instagramより


Instagramより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す