少女時代-Oh!GGの新曲「Lil Touch」がついにベールを脱ぐ!K-POPブームの先駆者の新たな門出

日本でのK-POPブームの先駆者として、「Gee」「Genie」「Hoot」「The Boys」「MrMr」などのメガヒット曲をリリースし世界を舞台に活躍を展開していた少女時代が、5人体制のユニットとなる「少女時代-Oh!GG」として新曲「Lil Touch」を9月5日にAppleMusicをはじめとする音源サイトでリリースしました。

少女時代-Oh!GG「Lil Touch」

少女時代-Oh!GGの新曲「Lil Touch」は、これまでの少女時代の楽曲にはなかった独自の世界観を表現しているナンバーに仕上がっています。レトロとモダンな雰囲気が融合するアップテンポなサウンドに、メンバーのゴージャズなビジュアルが光る内容で、少女時代の新たな挑戦と受け取ることもでき、プロモーション段階の予告映像や写真の段階から大きな注目を集めていました。
主旋律は個人としても抜群の歌唱力を持つテヨンが牽引し、サニーがサポートに回って高いボーカルラインを構成しています。ダンスでは、リードダンサーのヒョヨンを中心にリズミカルなテンポに合わせたシンクロも印象的で、ユナとユリが大サビまでは、両端に位置しフォーメーションの見栄えの良さを作りだしている点もユニットならではのポイントと言えるでしょう。
また、「give me a lil touch」のフレーズごとに曲がひと段落を迎え転調していく点も斬新な構成となっており、早くもヒットを予感させています。

トップグループ少女時代の現在地

少女時代のキャリアは長く2018年でデビュー12周年目に突入しています。多くのK-POPグループはメンバーの脱退や事務所からの離脱、契約に関する不一致などで短命に活動を終了するケースが多いです。そんな中、少女時代は誰一人かけることなく2007年デビューから2014年まで活動を展開し国内外問わず大きな好感を得てきました。しかし2014年にジェシカの脱退でK-POPグループが誰一人欠けることなく活動を展開していく難しさに直面し、以後8人体制として2017年まで活動をし、それまで通りの人気を獲得してきました。
しかし2017年に、スヨン、ソヒョン、ティファニーがSMエンターテインメントを離れることになり、実質5人での活動の状況となり、事務所離脱メンバーは「少女時代のメンバーでなくなった訳ではなく、必要とされるのであればいつでも活動したい」と見解を述べファンの心を繋ぎ止めましたが、実質、契約の面に関して8人が再び同じステージに立つことは非常に難しい状況でした。そんな中、SMに残ることになった、ユナ、ユリ、テヨン、サニー、ヒョヨンの5人は、約1年ほど個人の活動に従事していました。
今回の少女時代-Oh!GGは、少女時代の個人の力量が試される機会になるかもしれません。

リアリティ番組「少女フォレスト」

今回の少女時代-Oh!GGでの新曲リリースに先がけ、早い段階から予告されていた5人の海外でのリアリティーショー「少女フォレスト」も大きな注目を集めています。
メンバーの素顔を、旅行形式においてヨーロッパという世界屈指の観光地の景観が華を添える内容で、これまで少女時代として明かされることのなかったリラックスした5人の様子を確認することができ、今後の展開に大きな注目が集まっています。

まとめ

5人体制となる活動を「少女時代」としなかったのは、あくまで「少女時代」はグループの完全体であり、今回の5人での活動はユニットでの活動であることを強調しているようにも感じます。ここには、メンバー自身の、もう一度8人全員でステージに立つ際までは「少女時代」という大きな看板は使用しないという意思の表れかもしれませんね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す