DIAのメンバーから直接教わる「WooWoo」の振り付けダンス!

先月8月9日に4枚目のミニアルバムとなる「서머 에이드(Summer Ade)」を発売、タイトル曲「우우(WooWoo)」でカムバックし、デビュー後初となる音楽番組で1位を獲得したDIAです。今回のDIAのカムバックはDIAのメンバーであったウンジンが脱退してから約1年ぶりとなる初のアルバム発売ということもあり、多くのファンたちからの注目が集まっていました。

タイトル曲「우우(WooWoo)」は異性の行動にときめく気持ちを”우우(WooWoo)”という感嘆詞で表現している曲となっており、今回のタイトル曲「우우(WooWoo)」のコンセプトは”セクシーキュート”という設定になっているようです。この曲の大事なポイントについてDIAのメンバーたちは「振り付けよりも重要なのがセクシーな表情」と述べており、キュートさの中にもセクシーな魅力が詰まっているDIAのメンバーたちの表情にも注目したい曲となっています。

「우우(WooWoo)」の振り付けのポイント

DIAのメンバーたちは今回のタイトル曲「우우(WooWoo)」の振り付けのポイントとなる動作を紹介しています。真似して踊ってみたいですね!

寝転びながら踊るときの振り付けポイント

歌詞:「이러지 마 헤집지 마 너 때문에 내가 힘들 때면 나를」の部分

1.両側の太ももをくっつけた後、両足を内側に曲げる。両腕を下に向けてエックス(X)を作ったら太ももから上半身に向かって両腕を上げてくる。

2.左手を腰に上げて左の肩を一度バウンドさせる。

3.両手で太ももをなでおろしながら、右足の膝を付けてしゃがむ。

4.左の方向に膝を曲げて座り、両手で身体を包む。左手は右側の肩に、右手は左側の脇腹にもってくる。

5.両手を床に下ろしながらウェーブをする。自然に体が床の方に向かうようにする。

6.左手で体を支えながら左足を広げ、右足は膝を少し曲げて床に下ろす。右手を骨盤の上にのせる。

7.セクシーな目つきで前を見ながら右手でお尻を3回たたく。

8.右側に体を回し、後ろ向きの状態で起き上がる。

9.正面を見て両手の人差し指をかざしながら体を”W”の形にする。リズムに合わせて両手の人差し指を外側から内側に曲げる。

10.後ろを向いて堂々と歩いていく。

この部分のポイントは”可愛さよりもセクシーな感じを出しながら、セクシーな雰囲気を生かした表情を見せて踊る。”だそうです。

猫ダンスに注目

この曲の振り付けの一番のポイントとなっている部分が「Woo Woo Woo Baby Woo Baby Baby Woo Woo Woo Baby」の猫の動きのような振り付け部分です。   

1.体を若干開いた状態で両手を上にあげる。握りこぶしを軽く握って猫のポーズをつくる。   

2.両手を上下に5回ずつ振る。このときに右足を少し前に突き出して、手と一緒にお尻も左右に動かす。左手を上げるときに右側の骨盤が、右手を上げるときに左側の骨盤があがてくるようにする。   

3.右てでお尻を1回たたく。右足を後ろに引きながら腰を曲げて体を”S”の字につくりあげる。   

4.体を左側から右側へと回す。   

5.左側の膝を曲げて、足を2回振り上げる。足をあげる度に右手で唇を1回、お尻を1回指していく。

セクシーなダンスでありながらも可愛さもあるDIAの「우우(WooWoo)」です。ぜひ振り付けを覚えてDIAの真似をしてみてくださいね!

【覚えやすい鏡バージョン動画】

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す