防弾少年団『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』に収録されたソロ曲7曲について解説してみた

前回の記事ではアルバム『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』の構成について紹介しましたが、今回はアルバムに収録されているソロ曲7曲について、既存の楽曲と今回初めて収録された楽曲も含めより深く解説していきます。

ジョングクのソロ曲である『Euphoria』

まず、ジョングクのソロ曲である1曲目『Euphoria』は4月にYoutubeでのみ公開されていた楽曲で、アルバムに収録されることを誰もが期待していた中、ついに今回それが実現しました。ジョングク特有の繊細なボーカルと感性をありのままに表現している楽曲です。

J-HOPEが魅せる『Trivia 起 : Just Dance』

J-HOPEのソロ曲『Trivia 起 : Just Dance』は彼のミックステープ収録曲『Hope World』『Daydream』に似たヒップホップとハウスミュージックのリズムが融合されています。改めてJ-HOPEだけの音楽的カラーを聴くことができるはずです。

ジミンの感性的な声が聴ける『Serendipity』

3曲目のジミンのソロ曲『Serendipity』は2017年に発売された『LOVE YOURSELF 承 `Her'』のイントロ曲としてすでに収録されていますが、今回はその『Full Length Edition』として再び収録されました。メインボーカルであるジミンの感性的な歌声で癒されたいですね。

RAP MONSTERが改めて天才だと分かる『Trivia 承 : Love』

リーダー・RAP MONSTERのソロ曲である6曲目『Trivia 承 : Love』は、愛が始まった時に覚える感覚をRAP MONSTERだけの方式で表現した楽曲です。また、この楽曲はロサンゼルスで直接レコーディングした楽曲でもあります。

Vのソロ曲『Singularity』は8曲目に

8曲目に収録されたVのソロ曲『Singularity』は前回発売された『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』のイントロ曲として収録されましたが、今回は8曲目に収録されています。R&Bジャンルの楽曲ですが、Vのボーカルの魅力がありのままに表現されています。

SUGAの世界観が分かる『Trivia 轉 : Seesaw』

11曲目に収録されたSUGAのソロ曲『Trivia 轉 : Seesaw』は愛の幸せと痛みを繰り返す、上下に動くシーソーに見立てられている楽曲です。歌詞の内容をはじめ楽曲のサウンドがSUGAのラップと出会い、聴く者の心を打つ楽曲が完成されました。

ジンのボーカルの実力が改めて分かる『Epiphany』

そして13曲目に収録されたジンのソロ曲『Epiphany』はアルバム名である『結』を象徴する楽曲です。ボーカル担当であるジンのの実力が改めて分かる楽曲で『LOVE YOURSELF』シリーズの最後であり、また別の始まりでもある『Answer』、まさに『LOVE MYSELF』の全ての秘密を解き明かすカギを提供しています。

このように、今回メンバー全員がソロ曲を担当したのは2016年に発売された2集『WINGS』以来2年ぶり。それから成長した彼らの楽曲に是非触れてみたいところですね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す