ついに発売された防弾少年団『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』のアルバム構成について具体的にまとめてみた

8/24にアルバム『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』音源が公開され、早くも音源チャートを席巻している状態ですが、実は今回のアルバムは全25曲で構成されています。そこで今回は『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』の構成について具体的にまとめていきます。

防弾少年団が『リパッケージアルバム』の概念を破る?

今回のアルバム『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』はリパッケージアルバムとして構成されていますが、そもそもリパッケージアルバムは1990年代の後半にアメリカをはじめとした音楽市場で商用的に販売されたことが始まりです。リパッケージアルバムは言葉通り『商品を再包装する』という意味が込められていますが、既存のアルバムに新曲を加え、そこに新たな構成とデザインで販売する場合が一般的です。しかしK-POP界ではアイドル歌手がアルバムの販売量を上げるために発売される傾向があります。

Instagramより

しかし防弾少年団ぼ場合はこれとは距離があります。防弾少年団は韓国の音楽チャートであるガオンチャートで、5月に発表した『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』が発売開始から約166万枚の販売量を記録しています。これはガオンチャートの歴代集計史上最も高い販売額です。それだけではなく、ガオンチャート2018上半期アルバムチャート基準で約175万枚という累積販売量を記録しており、上半期のアルバムチャート1位にランクインしています。そのため防弾少年団の場合、リパッケージアルバムを発売しなくても十分にCDが売れるため、単にアルバムの販売量を上げるためにリパッケージアルバムを発売する必要は全くありません。

完璧な『起承転結』シリーズ

それならば、防弾少年団はなぜリパッケージアルバムを発売したかというと、2016年3月から2年5ヶ月という時間をかけて『LOVE YOURSELF』シリーズを完結させるためといっても過言ではありません。2017年9月に発売された『LOVE YOURSELF 承 'Her'』、そして2018年5月に発売された『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』はそれぞれ『Intro』から始まり『Outro』で終わるという規則的なトラックリストで構成され、『LOVE YOURSELF』シリーズの最後を飾る『Answer』は今までのアルバムの構成の流れを統一する、まさに有終の美を飾るアルバムです。

アルバムの構成は?

今回のリパッケージアルバムは2枚組で、それぞれ『A』と『B』に分かれています。まず『B』には既に発売された楽曲のうち特に人気の高い『Magic Shop』『Best Of Me』から『DNA』『FAKE LOVE』リミックスバージョンなど、全9曲が収録されています。

Instagramより

そして今回のメインともいえる『A』には全16曲が収録されていますが、このうちの7曲が新曲です。これらの新曲の音楽はもちろん、ストーリー、歌詞まで前回発売されたアルバムのメイン楽曲とともにうまく織り交ぜられており、まさに『コンセプトアルバム』だと以前に所属事務所のBighitエンターテイメントが説明していたことがあります。

Instagramより

まず1~2曲目が出会いと喜びを表現した『起』、3~7曲目までは愛と幸せを意味する『承』に該当します。そして8~12曲目までは、偽者の愛を知った別れの辛さを歌った『轉』、13~16曲目までは一連の過程を通じ、最終的にどう悟ったのかを込めた『結』に該当するといわれています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す