Mnet「プロデュース」シリーズでリーダーシップを発揮したアイドル6人

100人に近いアイドルの練習生たちが国民プロデューサーからの選択を受けるため、これまで磨き上げてきた実力と個性をアピールするMnetのオーディション番組「プロデュース101」。

毎回グループミッションを実施しなければならない“プロデュース”シリーズでは、チームの調和と完璧な舞台のために、メンバーの意見を集めながら不足している点を補う、リーダーのポジションが重要になってきます。

現在放送中の日韓合同企画「プロデュース48」では、CUBE所属の練習生ハン・チョウォンがリーダーの役割を見事にやり遂げて47位から9位に大躍進するなど大きなスポットライトを浴びました。

このように、特別なリーダーシップでチームを率いてリーダーの役割を完璧に消化したアイドルたちがいます。今回はそんなリーダーシップのある6人をまとめてみたいと思います。

1. PRISTIN イム・ナヨン 「プロデュース101」シーズン1 出演


Twitterより

感情を簡単に表に出させず、黙々とチームのメンバーをサポートした現PRISTINのイム・ナヨン。イム・ナヨンは最終メンバーに残りI.O.Iとしてデビューをした後もチームのリーダーを務め、自らの役割を正確にやり遂げています。

過去、バラエティ番組に出演した際は、“私はリーダーとしての素質が不足しているかもしれません。しかし、良いリーダーになって世間の皆さんを失望させないI.O.Iになります。”とリーダーとしての特別な心構えを明らかにしていました。

2. gugudan キム・セジョン 「プロデュース101」シーズン1 出演


Twitterより

ボーカルからダンス、ビジュアルまで完璧なアイドルの姿を見せ、シーズン1では連日上位を維持していた現gugudanのキム・セジョン。キム・セジョンは自分の実力に満足がいかず悩むキム・ソへに対し、誠心誠意振り付けの指導をするなど、暖かいリーダーの姿を見せました。そんなキム・セジョンはI.O.Iを経てgugudanとして活躍している今現在、バラエティー番組に欠かすことができない売れっ子へと成長しました。

3. チョンハ 「プロデュース101」シーズン1 出演


Twitterより

特別なダンスの振り付け創作能力を見せ「プロデュース101」シーズン1で“ダンスの女神”と呼ばれ、人気者となったキム・チョンハ。ダンスミッションではチームのリーダーを務め、チョン・ソミなどと一緒に歴代級舞台といわれる「Bang Bang」の舞台を完成させました。ソロアーティストとなった現在も、パワフルな振り付けで多くのファンを満足させています。

4. NU'EST W ジョンヒョン 「プロデュース101」シーズン2 出演


Twitterより

ジョンヒョンは「プロデュース101」シーズン2の最初のグループバトルでチームのリーダーを務めました。その際、ダンスの実力が優れなかった練習生らには無限の配慮と応援をし、チームメイトのために自分のことは後回しにして努力する姿を見せたのです。また、ハードではない練習生には厳しい叱責をするなど、ただ優しいだけではないリーダーとしての格別な資質を見せました。

5. Wanna One ユン・ジソン 「プロデュース101」シーズン2 出演


Instagramより

「プロデュース101」シーズン2に出演し、最終選抜された11人のグループWanna Oneのメンバーとしてデビューしたユン・ジソン。チーム内の最年長であるユン・ジソン特有の思いやりとカリスマ性でWanna Oneを導き、以降Wanna Oneが最高のアイドルに位置づけする大きな役割を果たしました。

6. ハン・チョウォン 「プロデュース48」出演中


Instagramより

2002年生まれのハン・チョウォンは現役高校生であるにも関わらず「BOOMBAYAH」でリーダーを務めました。ハン・チョウォンは年齢に合わない特有の精神力とリーダーシップでチームを導き、チームの成績に貢献したのです。結果「BOOMBAYAH」チームは大衆から大きな人気を集め、記憶に残ることになりました。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す