「アイドルが成功するのは大変」Berry Goodの涙に多数の応援の声

果汁美あふれる爽やかな魅力で大衆から愛されている6人組ガールズグループBerry Goodが8月16日午後6時に正規アルバム「FREE TRAVEL」を発表しました。

正規アルバム「FREE TRAVEL」発売!

タイトル曲「Green Apple」は青リンゴダンスに注目

デビュー後初めての正規アルバム「FREE TRAVEL」のタイトル曲「Green Apple」は、Berry Goodのメンバー6人の多彩な魅力にリンゴの爽やかさとクールなイメージが加わり、聴くだけで今年の猛暑を乗り切ることができる曲に仕上がっています。「Green Apple」は愛に慣れていない受け身の状態ではなく、進歩的で積極的な姿をウィットに解いた曲で、洗練されたビートの上にトレンディなアナログシンセサウンドを加えた楽しいダンストラックです。また、「Green Apple」はIUやパク・ヒョシン、イム・チャンジョン、ヒョリン、宇宙少女、など有名アーティストの作業に参加し、最近韓国国内外で活発に活動中の新鋭のプロデューサーの作品としても発売前から話題を集めていました。


HPより

収録曲「Mellow Mellow」に注目が集まる理由

また、収録曲「Mellow Mellow」は、タイトル曲「Green Apple」に続きミュージックビデオが公開される予定となっています。「Mellow Mellow」は、世界的な作曲家アンドレアス・エーベルグのポップで上品なメロディーに、ベースサウンドが引き立つハウスベースのシンセポップです。ギタリスト兼作曲家のアンドレアス・エーベルグは、Red VelvetやOH MY GIRL、SHINee、ティファニーなど人気絶頂のK–POPスターたちと作業してきた世界的なヒット作曲家として知られています。そのため、「Mellow Mellow」への期待が更に高まっている状態なのです。

Berry Goodだけの魅力が詰まった収録曲


Twitterより

続いて、毎日違う色で綺麗な愛を夢見る純粋な少女たちの願いを込めた「パルジュノチョパナムボ」(韓国では一番目の文字を빨주노초파남보(パルジュノチョパナムボ)と繋いで虹の色を覚えます)と、パワフルなビートが曲の全般を導いていくクラッシュした雰囲気の「Give It Away」、好きになってはいけない人(姉の恋人)への心に込めた片思いを歌った曲「ごめんお姉さん」、トロピカルハウスをベースにBerry Goodの夢や挫折など、自伝が鍵になっている「Fly 」、ソユルのソロ曲で感覚的なボーカルと感性的なディテールが引き立つ「다시 꿈꿀수 있을까」、まるで映画を観るようなサウンドと別れた後の痛みを繊細に表現したバラード曲「그 놈의 사랑」などBerry Goodの魅力が詰まった楽曲が収録されています。特に注目すべきは6番トラック「너와 나의 날」。この曲は末っ子ゴウンの初めての自作曲だと発表され、更に注目を集めています。

「最後だと思って頑張る」メンバーの決意

Berry Goodは音源発売と放送活動だけでなく、ドラマのOSTに参加するなど、安定した活動を行っています。今年4月にはリーダーのテハ、セヒョン、コウンがユニットグループの《Berry Good Heart Heart》として活躍。Berry Good完全体の時とは一味違った魅力を披露し人気を集めました。

本日開催されたアルバム発売記念のショーケースでは、メンバーのチョヒョンがアイドルが成功することの難しさを語り、涙を流す様子もみられました。


HPより

今回が最後だと思って頑張ると話すBerry Goodのメンバーたちに、韓国ネチズンは各種SNSやポータルサイトを通じて、“Berry Goodすごくいい!ファイト!”、“みんなとても綺麗”、“必ずヒットする”などといった反応をみせています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す