[カムバック D-2] SUPER JUNIOR D&E。ウニョク「ドンへはアイドルの中で一番イケメンだと思います」

8月16日に韓国で3年5ヶ月ぶりのアルバム「Bout You」を発売するSUPER JUNIOR D&E。ユニット結成から7年が経過し、SUPER JUNIORとしてデビューしてからもすでに13年が経過したドンへとウニョクは、一緒に過ごした歳月が約20年という人生の半分以上を占めています。そんな二人は、一緒に座っているだけでもリラックスできると言います。お互い相手のことを実際はどう思っているのか。ウニョクが取材陣に対して明かした本音が話題を集めています。


Twitterより

Twitterより

SUPER JUNIOR D&E
結成〜今に至るまで

SUPER JUNIOR D&Eは、2011年に開催されたSUPER JUNIORの4度目のワールドツアー「SUPER SHOW 4」で初めて結成されました。その後12月に「Oppa,Oppa」を発表したのに続き、翌年の2012年4月に日本でシングル「Oppa、Oppa」を発売。発売日当日にオリコンのデイリーシングルチャート1位にランクイン。発売初週のオリコンウィークリーシングルチャートでも2位を獲得するなど、熱い人気を証明しました。以降7年の間、着実にユニットSUPER JUNIOR D&Eだけのカラーを構築しています。


Twitterより

ウニョクが相方ドンへに対して思うこと

快適な音楽作業

ウニョクは、SUPER JUNIOR D&Eへの愛情に対する質問に、“SUPER JUNIOR D&Eのアルバムを準備している時はとても快適です。SUPER JUNIORの準備をする時は責任感が負担に感じられる程ですが、SUPER JUNIOR D&Eのアルバムを準備する時は、二人で話をたくさんして、音楽の作業時から振り付けやコンセプトに直接参加しているので、僕たちがやりたい方向に進むことができます。そのため快適に感じます。”と打ち明けました。

言葉を交わさなくても通じる二人

ドンへと意見をどのように調整しているのか、という質問に対しては、“昔から好きな音楽や好きなアーティストの話を頻繁にしていたので、通じる部分がたくさんあります。作業している時も話がよく通じて簡単ですし、方向をとることも簡単です。ドンへが曲を書く時は僕のイメージを考えながら作ってくれますし、僕が舞台の演出をする時はドンへが舞台に立った姿をイメージして、このような姿を見せてほしいと思いながら作っています。”と、ドンへへの無限の信頼を醸し出しました。


Instagramより

トレンディなアルバム作り

8月16日に公開されるSUPER JUNIOR D&Eの2枚目のミニアルバム「Bout You」は、SUPER JUNIORが生み出した楽曲の中で最もトレンディなアルバムだと評価される見込みです。これに関連してウニョクは、“今回のアルバムは全体的にトレンディーに仕上がっていると思います。僕達がたくさん悩みながら、最近海外や国内でどのような音楽が人気なのか、どのような音楽を若年層が好んで聴いているのか、調べて勉強した結果、今回のようなトレンディなサウンドの曲がたくさんできました。たくさん期待してください。”と述べました。

ドンへのいいところは?

一緒に過ごした年月が約20年になる中で、ドンへの良い点はどこだと思うかという質問に対してウニョクは、“イケメンです。SMエンターテイメント青少年ベスト選抜大会のイケメン部門で1位になっただけあって、現在のアイドルの中で一番ハンサムだと思います。ドンへに続くビジュアルはそうそういません。最近《顔の天才》と呼ばれることが多いドンへと一緒に並ぶのは大変です。”とドンへのビジュアルに自信を表わしました。


Twitterより

また、SUPER JUNIORのメンバーの中でドンへが一番よく合うと思うかという質問に対しては、“僕達は幼い頃から常に音楽の話をたくさんしてきました。今でも良いアーティストを見つけると、共有しておススメしています。僕たちSUPER JUNIOR D&E だけでなく、SUPER JUNIORの他のメンバーたちも音楽的に努力しています。ソロアルバムを出すメンバーも、自分だけのカラーを作っていこうと努力しています。”とし、SUPER JUNIORのメンバーたちの話も忘れなかったそうです。


Instagramより

SUPER JUNIOR D&Eの二人が「Bout You」で今度はどんな姿を見せてくれるのか。二人の息の合ったステージも楽しみです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す