ハリウッドデビュー作「Mile 22」の試写会に登場したCLがカッコよすぎる!

2NE1出身のソロアーティストCLが、ハリウッドデビュー作「Mile 22」の試写会に登場。名だたるハリウッドスターたちの中で負けずにオーラを放っているCLの姿に、ファンから大きな反応が寄せられています。

満を持してハリウッドデビュー!

Twitterより

8月10日(韓国時間)、映画「Mile 22 」の公式SNSに、アメリカ ロサンゼルスで開催された試写会のレッドカーペットの現場写真が掲載されました。写真の中でCLは「Mile 22」の出演俳優マーク・ウォールバーグやローレン・コーハン、ロンダ・ラウジー、イコ・ウワイスなど、そうそうたるハリウッドスターの中で堂々とカリスマ的な魅力を発揮して注目を集めています。

映画「Mile 22」

「Mile 22」はCLのハリウッドデビュー作として期待を集めている映画です。敵に狙われているターゲットを大使館から空港までの22マイルに渡って運ぶことを強いられる、緊張感あふれるエキサイティングなストーリーと緻密に絡み合わさった展開がスピーディーに広がるアクション映画です。監督は、「ローン・サバイバー」でメガフォンをとったピーター・バーグで、主役を演じるマーク・ウォールバーグとは「バーニング・オーシャン」、「パトリオット・デイ」に続いて4作目となります。

Twitterより

劇中でCLは、マーク・ウォールバーグ演じるジェームス・シルバが率いるCIAの極秘特殊部隊[オーバーウォッチ]に所属するキラークイーン役を引き受けました。CLが本格的に演技を披露するのは今回が初めてというのもビックリ!2009年に2NE1のメンバーたちと一緒に映画「ガールフレンズ」にカメオでびっくり出演したことをくと演技は今回の「Mile 22」が最初になります。ちなみに気になる日本での公開については、残念ながら現在未定とのこと。

居住地をアメリカに

CLは最近健康異常説が囁かれ、言動が注目されました。8月3日、仁川国際空港に姿を現したCLの見た目が多少変わっていたことが大きな話題を集め、それ以降健康問題の異常説など様々な噂が提起されましたが、これに対し所属事務所側は“健康に異常はない”と公式的な立場を明らかにしました。 CLは今春からアメリカに居住地を移しました。これはアメリカでのアルバム発売に向けて本格的に準備に突入したことで、韓国とアメリカを行き来しながら行うのは大変だと判断し、最初からアメリカに新しい家を用意したということが明らかになりました。 CLはアメリカに移動した後、疲れた心身を慰めながら新しい生活に適応するために、運動と練習を疎かにするしかなかったとのことです。体重が増えたことも、最近新しい生活に適応していた中で発生した過渡期だったため。この事実から、突然変わったルックスにより提起された健康異常説が事実無根であることが分かったのです。

「thank u Singapore」

+thank u Singapore+

CLさん(@chaelincl)がシェアした投稿 -

ファンの懸念が続いている中でCLは8月5日自身のSNSに“thank u Singapore”という文と共に一枚の写真を掲載。ファン想いの優しいCLらしく、ファンたちを安心させました。CLは、シンガポールインドアスタジアムで開催された「ハイパープレー2018」のイベントの中で「MTVスポットライト」の舞台に登場。カリスマ溢れるCLらしくカッコイイステージで会場中を魅了しました。 歌手として、プロデューサーとして、そして文化のアイコンとして活躍するCLは、独歩的なアーティストとして位置づけられています。アメリカに進出して演技に挑戦し、海外でも活発な活動を続けるCL。彼女のこれからに期待が集まります。

Twitterより

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す