JBJ出身のキム・ヨングク、ソロとしての活動を正式にスタートさせることが決定!

2017年に放送されていた韓国サバイバルオーディション番組「プロデュース101シーズン2」に出演、番組では最後の方まで残るも惜しくも最終選考メンバーには選ばれずに脱落してしまったキム・ヨングクです。「プロデュース101シーズン2」ではWANNAONEのメンバーにはなることができなかったキム・ヨングクですが、番組内ではとても人気を見せていたことから番組終了後に脱落したメンバーたちが集められてファンの希望によってデビューすることとなったJBJのメンバーとして活動を行い、多くの人気を集めていたキム・ヨングクです。
JBJとしての活動がスタートする前は、同じ事務所のシヒョンと一緒にLONGGUO &SHIHYUNというユニットを組み「더더더 (the.the.the)」を発売し、音楽活動をしていました。

キム・ヨングクのJBJでの活動

ファンの熱い声援によって生まれたグループJBJは2017年の10月18日にデビューすることが決まり、アルバムタイトル曲「Fantasy」を発売して念願のデビューを果たしたJBJは、各音楽番組においてBTOBやHIGHLIGHTと並んで1位候補に選ばれるなどし、新人グループにして多くの注目と人気を集めました。デビュー曲がいきなり1位候補にあがったことについてJBJのメンバーたちは『まったく予想していなくてみんなとても喜んだ。1位の感想をあらかじめ考えるか考えないかメンバー同士で話もした』と予想以上の人気を得ているということに驚きと嬉しさが入り混じったコメントを残していました。

JBJとしてデビューし韓国をはじめとし、日本だけでなく他の海外からも多くのファンがいたJBJですが、活動期間が7か月間だということが決められていたということもあり、人気絶頂でこれからの活躍が期待されるというタイミングで解散を発表、2018年の4月17日に発売されたシングル「Call Your Name(부를게)」がJBJにとっての最後の曲となりました。

JBJの解散前の最後の単独コンサート『本当に望ましいコンサート-(Epilogue)』では、解散前のJBJの姿を見ようと多くのファンが集まりました。解散が近づいていることに関してメンバーたちは『長かったといえば長く、短かったといえば短い時間だった。その時間が本当に夢のようだった。ずっと夢のように感じる。』『ファンたちの気持ち、そしてJBJを忘れない。共にしてきた思い出を忘れない。今までありがとうございました。』と最後のメッセージをファン達に伝えました。

正式にソロ活動が決まったキム・ヨングク

JBJのメンバーたちはグループを解散してからはそれぞれ別々の道を歩むことになりましたが、JBJの中でも一番年下だったキム・ドンハンが6月にソロ歌手としてデビューを果たし、キム・ヨングクも応援してくれているファンのために、自身が直接作詞に参加したソロ曲を6月に発売しています。
キム・ヨングクのシングル「CLOVER(Feat.윤미래)」ではJBJでの活動時よりも、大人っぽく成長したキム・ヨングクの姿を見ることができると注目を集め、曲もファンのために作られた曲になっているということから多くの人気を見せていました。

Instagramより

シングル「CLOVER(Feat.윤미래)」が発売されてから目立ったソロ活動を行っていなかったキム・ヨングクですが、所属事務所側は『キム・ヨングクがシングル”CLOVER(Feat.윤미래)”に続いて本格的なソロ活動に入る予定だ。キム・ヨングクはファン達にもっと成長した姿を見せるために最善を尽くしている。特に今回のアルバムではプロデューシングにも直接参加するなどして、自身だけの音楽の色を見せるために努力しているので、たくさん期待してほしい。』ということをコメントで残し、本格的なソロ活動をスタートさせてからはデビューステージと共にファン達と会うことができる機会を作る予定だとしています。

Instagramより

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す