「PRODUCE48」チャン・ウォニョン、チョン・ソミ→カン・ダニエルに続けるか

に毎週金曜日にMnetで日韓同時に放送されているサバイバル番組「PRODUCE48」が爆発的な人気をみせています。韓国では放送と同時にTwitterのトレンドに登場。それだけでなく主要検索サイトの人気ワードに上がるなど、熱い反応を得ているのです。

そんな中8月4日(3日深夜)に放送された「PRODUCE48」では2度目の順位発表式が行われました。栄光の1位に輝いたのは果たして誰だったのか、今回はそんな大人気の「PRODUCE48」についてまとめてみたいと思います。

心臓バクバク
2回目の順位発表式

8月4日(3日深夜)に放送されたMnetの「PRODUCE48」では、2回目の順位発表式の様子が公開されました。コンセプト評価を控えて、57人から30人の練習生だけが生き残ることになる順位発表式。ドキドキした練習生たちの姿はブラウン管越しにもリアルに伝わり、その結果にSNS上でも色々な意見が飛び交いました。

1位は最年少練習生

そんな、大波乱の順位発表式で堂々1位に選ばれたのは、スターシップエンターテイメントに所属するチャン・ウォニョンです。チャン・ウォニョンは1位に選ばれただけでなく、2回目の順位発表式で唯一100万票を超える得票数を記録。快挙を達成したのです。最年少練習生として注目を集めたチャン・ウォニョンですが、今回の発表式で1位に上がり、再び“ホット”な主人公となりました。

放送開始時から人気があった
チャン・ウォニョン

チャン・ウォニョンは放送開始時から熱い活躍を予告していた練習生の一人です。人形のように可愛らしく綺麗なルックスと、ステージの上で見せる多彩な面が熱い反応に繋がりました。アイドルに欠かせないルックス的な魅力と実力の全てを備えている練習生として注目されたチャン・ウォニョンは、それに加え15歳の最年少参加者という末っ子タイトルも付いたのです。

チョン・ソミ、カン・ダニエルに続くか

チャン・ウォニョンが2回目の順位発表式で1位を獲得した事で、PRODUCEシリーズ“シーズン1”のチョン・ソミ、“シーズン2”のカン・ダニエルに続く[国民センター]の誕生を予告しています。

チョン・ソミは“シーズン1”放送当時最初の発表式から1位に選ばれ、最終的にI.O.Iのセンターとして活躍しました。また、カン・ダニエルは“シーズン2”で最終1位を獲得。Wanna Oneのセンターを務めることになりました。放送が進むにつれて注目度が上昇したカン・ダニエルは、最終的に人気が爆発。ステージを通じてアピールしたカン・ダニエルの魅力が国民プロデューサーにしっかりとアピールされた結果です。

チャン・ウォニョンも最初から1位ではありませんでした。しかしずっと上位を維持しており、チームバトルやポジション評価などで魅力をアピールしながら、2回目の順位発表式で1位の席に上がることができました。ステージを通じて多彩な魅力を見せながら確実なキャラクターを構築してきたチャン・ウォニョン。特に、“母胎センター”という修飾語がつくほど、「PRODUCE48」の中心人物としてチャン・ウォニョンの魅力が光を放っているのです。

チャン・ウォニョンは2回目の順位発表式で100万票以上(1,010,555票)を獲得した練習生となりました。それだけチャン・ウォニョンに対する国民プロデューサー&世間の関心が高いということです。

最年少練習生として100万票を得て1位を獲得したチャン・ウォニョン。「PRODUCE48」の中心となったチャン・ウォニョンが最後までランクを維持し、新しい“国民センター”となるのか。熱い反応が続いています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す