バラエティー番組で爪痕を残した ジェニー・スンリ・ファサ

ここ最近、新しい作品やアルバムのプロモーションのためにバラエティ番組に出演し、格別な活躍で“バラエティー ダークホース”になったスターたちがいます。BIGBANGのスンリやMAMAMOOのフェサ、BLACKPINKのジェニーが代表的です。彼らは単発出演であったにも関わらず、目に見える活躍で芸能界に新鮮な活力を吹き込みました。

BLACKPINK ジェニー

人気絶頂のガールズグループBLACKPINK。メンバーのジェニーは7月15日に放送されたSBSのバラエティー番組「ランニングマン」に出演し、話題となりました。ジェニーはレギュラーメンバーのイ・グァンスとお化け屋敷ミッションを遂行。入場前ジェニーは、“お兄さん、怖いですか?”、“怖いなら、私が先に行きますよ。”と堂々と話していましたが、中に入るや否や、扮装した人を発見し、あまりの怖さに大絶叫。涙を流しながらお化け屋敷を脱出しました。ミッション遂行後ジェニーは、“ハハお兄さんの話は嘘でした。とても怖かった。”と、わあわあと声をあげて号泣。この姿を見たレギュラーメンバーのハハは、“ちょっと待って。泣いているところもとても可愛くないですか?”とメロメロ状態に。

ジェニーはこの日新しいアルバムのPRで出演していましたが、予想外の健闘でバラエティー期待の主として浮かび上がりました。お化け屋敷のシーンのほか、イ・グァンスを凌駕する《クァンソン(運がない人のこと)》な一面を見せ、ステージとは180度異なるとんでもない魅力を披露したのです。ジェニーの出演シーンは、あるポータルサイトでヒット300万ビューを突破する記録を打ち立てました。また、7月31日にはジェニーが「ランニングマン」バカンス特集に参加するというニュースが伝えられました。これは約2週間後に再び出演することになった異例の待遇です。

BIGBANG スンリ

BIGBANG の末っ子スンリがバラエティーセンスを発揮したのはSBSの「アラフォー息子の成長日記」です。スンリは固定メンバーではありませんが、時々登場しては視聴者に笑いを提供しています。7月22日の放送では、ソロアルバム発売を控えて所属事務所のYGエンターテイメントを訪ね、様々なエピソードを披露しました。デザインチームや戦略チームなどと行ったコンセプト会議でスンリは、“僕のヤン・ヒョンソク代表からの信頼はどれくらい高いでしょうか。僕は13年一緒にいます。僕が一番古株なので、WINNERやiKONの予算とは少し違います。最近大人気のユ・ビョンジェひょんとも違います。ひょんの予算よりも少し高いです。”と冗談めかして話し笑いを誘いました。

続いて食堂で会った後輩のBLACKPINKにスキャンダルに対処する方法や、ヤン・ヒョンソク代表に呼び出されたときの対処方法などを、自分だけの経験をもとに伝授しました。スンリの話はとても軽快で、芸能界13年目の余裕のある「芸能感」が目立ったという評価です。スンリが出演した「アラフォー息子の成長日記」の視聴率は最高20.9%(ニールセンコリア首都圏2部基準)を記録。スンリは3月と5月にも同番組に出演して話題を集めました。3月にはMBCの人気バラエティー番組「私は一人で暮らす」にも出演。事業家としての一面と鮮やかな日常を公開して人目を引きました。

MAMAMOO ファサ

ガールグループMAMAMOOのメンバーファサは最近、《モクバンスター》に急浮上しました。ファサは、6月に放送されたMBC「私は一人で暮らす」でスッピンを堂々披露。飾らない日常を公開して好感を集めました。そんなファサのハイライトは、“もつ”でした。ファサはホルモンを一人で食べる姿を公開。家の近くにあるもつ家へ行き、牛ホルモン、もつ鍋、チャーハンを注文。熱いホルモンをすぐに食べることができるように、あらかじめソースに浸して食べやすい温度に冷やす技術まで公開したのです。

放送以降、多くのもつ家で並ぶ状態に。また、スーパーでは品薄になるといった事態が起こりました。こういった事態を受け、ついにファサはもつ協会、畜産物協会などから感謝状を受賞。“ホルモン大乱”を起こした豪華人気に力づけられて、7月20日「私は一人で暮らす」に再出演し、再度モクバンを披露。カンジャンケジャンなどを美味しそうに食べる姿は再び話題を集めました。

ファサは20代前半であるにも関わらず、若年層が好む食べ物とは別な味に好奇心を示しました。また、誰よりも美味しく食べる姿で食欲を刺激し、新しい《モクバンの神》の誕生を知らせたのです。ファサは飲料やお菓子などの食品業界の広告関係者からはもちろん、モクバン関係のバラエティー番組の製作陣からラブコールを多数受けている状態とのこと。

韓国でもバラエティー番組は出演者の幅が広くなっています。誰でも才能が見えさえすれば注目を受けることができるのがバラエティー番組です。ジェニーやスンリ、ファサは少しの出演でも「ゲストの効果」を越えて明確な存在感を示し、それが次へと繋がりました。彼らの次に続くのは誰なのか。バラエティー番組のチェックも欠かせませんね。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す