7/24「THE SHOW」 7月最終週最初の行方は?

7月24日に韓国音楽番組「THE SHOW」が放送され、多くのガールズグループが出演し、7月最終週最初の音楽番組を彩りました。サマーソングチャートの激化と、トップグループの相次ぐカムバックで混乱を見せている現在のチャート争いですが、音楽番組タイトルはどうなったのでしょうか。まとめていきます。

MAMAMOOカムバック後初のタイトル

MAMAMOOが7月最終の音楽番組のタイトルをGFRIEND、キム・チョンハと争い、見事カムバック後初の1位を獲得し、実力派としての変わらない人気を誇示する形となりました。7thミニアルバム「RED MOON」はMAMAMOOらしいクールでカリスマ性溢れる音楽性が表現されており、夏のハツラツさを表現する他グループとの差別化に成功しており、この日の放送ではタイトル曲「Egotistic」と「Sleep In The Car」の2曲を披露し大きな好感を集めました。特にタイトル曲は、夏らしいギターサウンドの中に神秘的なイメージを与えるクールなナンバーとなっており、メンバー4人のそれぞれの歌唱が際立っています。今回のアルバムは敏腕プロデューサーが多く参加しており、元祖ガールクラッシュを象徴する仕上がりとなっており、タイトル曲以外も大きな注目を集めています。カムバック後初の1位候補挙がった日に1位を獲得するあたりにグループとしての人気の高さを感じさせます。そんなMAMAMOOは、今年の10月3日に日本デビューも決定しており、韓国だけでなく、今後日本でもさらに多くのファンを獲得していくことが予想されます。

1位候補はGFRIENDとキム・チョンハ

GFRIENDとキム・チョンハはこの日の放送で1位候補に挙がりましたが、惜しくもMAMAMOOに後塵を期する形となりました。GFRIENDはデビューからこれまでに夏に4作ほどのヒット曲を誕生させていることから新サマークイーンの座を射止め今回のサマーソングもカムバック前から大きな注目を集めていました。新アルバムの同名タイトル曲「Sunny Summer」は、軽快で清涼感を感じさせる内容に仕上がっており、メンバーの名前を歌詞として曲の随所に散りばめる遊び心が加わった特徴的なナンバーに仕上がっています。音源の成績の方は順調で、特に海外での人気を伸ばしており、香港、イスラエル、台湾、チリ、コロンビアのiTunes総合アルバムチャートで1位を記録しています。さらに、ビルボードに「最高のサマーソングの新たな主人公」として紹介され、「楽しいベースやファンキーな打楽器サウンドがあふれる、明るい雰囲気のシンセポップトラックで、メロディを超える豊かなボーカルが印象的だ」と分析を受けたことでも大きな関心を集めており、今後も音楽番組のタイトル争いに絡んでくることが予想され、MAMAMOOをはじめとする、TWICEらトップグループと熾烈なタイトル争いを繰り広げることが予想されています。この日の1位候補には3rdミニアルバム「Blooming Blue」のタイトル曲「Love U」で先日カムバックを果たしたキム・チョンハも名を連ね、半年振りの新曲リリースで大きな関心を集めています。ソロとして昨年デビューを飾りこれまでリリーした2曲すべてリアルタイム音楽チャート1位を獲得しただけでなく、順位圏内にロングランするなども成績を残していることから、この夏のキム・チョンハも今後、音楽番組タイトル争いに絡んでくる機会が多くなることが見込まれており、今後の活動に期待が寄せられています。

次世代やソロデビューメンバー

トップグループの相次ぐカムバックにより、スポットライトを浴びる機会が少ない次世代グループやソロデビューを果たしたガールズグループメンバーにも注目を忘れてはいけません。fromis_9はこの日の放送で、2ndミニアルバム「To. Day」のタイトル曲「DKDK」で、ユニークで女性らしい魅力を発揮し、ミニアルバムのロングランをアピールし、少女時代のヒット曲「Oh!」のカバーステージを披露し大きな関心を集めました。gugudanの派生ユニットSEMINAも夏らしいキュートな魅力を誇示し精力的な活動をアピールしています。LADIES' CODE アシュリーとNINE MUSESギョンリの両者はソロデビュー曲を披露し、ソロアーティストとしての技量の高さを誇示しました。

MAMAMOOがデビューからの長いキャリアを経ての変わらない人気を誇示し始めた様相に、若いグループがどこまで絡んでいくのかに今後注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す