BTS(防弾少年団)、BLACKPINK、TWICE…2018年上半期に最も成長したYouTube K−POPチャンネル TOP20

7月24日グローバル動画コミュニティYouTubeが、2018年上半期K−POPチャンネルの新規購読者数TOP20を公開しました。

YouTubeは2018年上半期に最も成長したK−POPチャンネル上位20位を発表。新規購読者の中で海外の購読者の比重が95%を記録し、全世界で伸びて行くK-POPアイドルの位置を再度立証しました。

1位・・・ibighit

気になる1位は韓国を飛び越えて今や世界規模のスターへと成長したBTS(防弾少年団)。正規3集「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」のタイトル曲「FAKE LOVE」のミュージックビデオでYouTube最短期間アクセス数2億ビュー突破という新記録を立てたBTS(防弾少年団)の所属事務所公式チャンネル《ibighit》が、2018年上半期最も多い新規購読者を獲得して1位にランクインしました。注目すべきは、2017年12月に全体購読者数1000万人を超えた《ibighit》が、2018年上半期だけで海外購読者600万人以上を新しく獲得したということです。順位権に上がったチャンネルの中で一番高い新規海外購読者数を誇りました。

2位・・・BLACKPINK

ガールズグループBLACKPINKの公式YouTubeチャンネル《BLACKPINK》が2位に入りました。デビュー以降発表した6曲全てが1億ビューを突破。唯一無二にしたガールズグループとして上がったBLACKPINKは、6月に公開したミニアルバム「SQUARE UP」のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」がYouTube公開34日目に2億ビューを突破してK-POPグループ最短記録を打ち立てました。

14位・・・TWICE

20位・・・TWICE JAPAN OFFICIAL

2015年のデビュー以降4月に発売した5枚目のミニアルバム「What is Love?」まで、発表したタイトル曲8個のミュージックビデオ全てが1億ビュー突破という快挙を達成したTWICEは公式チャンネル《TWICE(14位)》だけでなく、日本ファンのための公式チャンネル《TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel》も20位に入り、成功的な海外進出を知らせました。

K−POP専門チャンネルも人気

5月にYouTube購読者1000万人を突破したカカオMのK-POP専門チャンネル《1theK》も国内外で人気を集めるK-POPアーティストのミュージックビデオを全世界のファンと共有して4位に上がりました。

これとともに来る上半期にはリハーサルやステージ、日常などK-POP歌手の舞台裏の姿を共有するチャンネルの成長が人目を引きました。ファンとの疎通が主要な人気要因として作用して、リアルバラエティーや練習映像など率直で懇意が引き立つK-POPコンテンツの躍進が目立ったのです。

「バンタンボム」だけでなく、YouTubeオリジナル「BURN THE STAGE」で舞台裏の自然な日常をファンと共有している、BTS(防弾少年団)防弾少年団の《BANGTANTV》が一番多く成長したK-POPチャンネル3位に入り、音楽放送プログラムの直カム映像やラジオ番組のライブ映像を共有する《Mnet K-POP》(7位)、《ALL THE K-POP》(10位)、《MBCkpop(13位)》など各放送局のK-POP専門チャンネルも順位権に上がりました。

これとともに、音楽専門チャンネルMnetのデジタルスタジオ《M2》がASMR要素を加味したライブ、セルフ映像で新しく構成したミュージックビデオと一緒に既存のテレビ番組では見ることができなかったK-POPコンテンツを試みて18位を記録しました。

以下、2018年上半期に最も成長したYouTube K−POPチャンネル TOP20

1位 ibighit
2位 BLACKPINK
3位 BANGTANTV
4位 1theK
5位 jypentertainment
6位 SMTOWN
7位 Mnet K−POP
8位 Stone Music Entertainment
9位 BIGBANG
10位 ALL THE K−POP
11位 officialpsy
12位 GIRLS’ GENERATION
13位 MBCkpop
14位 TWICE
15位 iKON
16位 GOT7
17位 KBSKpop
18位 M2
19位 SEVENTEEN
20位 TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す