今年の夏を制するのは? 8月2日→iKON、8月6日→Red Velvet カムバック!

K−POPチャートの“夏の大戦”を更に熱くすると思われる大きなニュースが2つ舞い込んできました。ボーイズグループiKONとガールズグループRed Velvetのカムバックです。2組とも8月上旬にカムバック。チャートの激戦が予想されます。

8月2日カムバック 《iKON》


Twitterより

ボーイズグループiKONが来たる8月2日のカムバックとともに、大ヒットした「LOVE SCENARIO」に継ぐ、2018年後半戦の開始を知らせました。所属事務所のYGエンターテイメントは、7月23日午後2時、iKONのカムバック日を8月2日と知らせるポスターを公開しました。1次ティーザーでは花を持った清涼感あふれるiKONの姿を見ることができましたが、今回の2次ティーザーは180度異なる姿を確認することができます。該当のポスターの中のiKONは暖かいイメージを脱ぎ、更に男性的な、セクシーながらも重みがある雰囲気を醸し出しています。iKONがスタイルやコンセプトを越してどのような音楽的な変化をみせてくれるのか世間からの注目が集まっています。

「NEW KIDS:CONTINUE」

今回発売するミニアルバムは「NEW KIDS:CONTINUE」という、2017年5月の「NEW KIDS:BEGIN」、2018年1月の「RETURN」に続きシリーズ3部作の完結版、で情熱と努力を持続するという意味を盛り出しています。


Twitterより

2018年1月に発表した正規2集で歌謡界のボーイズグループ10年史を新しく誕生させたiKON。メガヒット曲「LOVE SCENARIO」の活動を通じて約43日間主要音源サイトのリアルタイム音源チャート1位を記録したり、6週連続で週間チャート1位まで荒すなど、1四半期歌謡界を完壁に制覇したと言っても過言ではありません。

それだけでなく、韓国国内の音楽放送を通じても自己最多のトロフィーを獲得。iKONは通算11冠王となり、ファンと世間のふたつを射止めることに成功しました。17ヶ国海外iTunesアルバムチャート1位、中国最大音源サイトQQミュージックKPOP週刊チャート4週連続1位、日本iTunesアルバム総合チャート1位など、グローバルな舞台でも明らかな存在感を現わしました。

ミュージックビデオでも素晴らしい記録をおさめました。iKONの「LOVE SCENARIO」はデビュー以降初のミュージックビデオ1億ビューを突破。YouTubeに投稿された「LOVE SCENARIO」のミュージックビデオは現在1億3000万ビューを突破。冷めることができない人気を立証しています。

発売から半年が経過した現在でも、「LOVE SCENARIO」は主要音源チャートに堂々と位置している中、iKONが下半期の歌謡界まで連続打席ホームランを果たすことができるのか関心が集まっている理由です。

8月6日カムバック 《Red Velvet》

同じく人気グループRed Velvetが8月6日にカムバックします。8月初旬にカムバックを確定してニューアルバムを準備中と報道されていたRed Velvetが8月6日でカムバック日を確定しました。Red Velvetは8月6日にサマーミニアルバム「Summer Magic」を発表して本格的な活動に突入します。


Twitterより

「Summer Magic」

Red Velvetは先立って7月19日に京幾道一帯で新曲のミュージックビデオ撮影を進行していました。Red Velvetは1月に発表した「Bad Boy」での活動以降7ヶ月ぶりとなる歌謡界へのカムバックです。

Red Velvetは“サマークイーン”と呼ばれるほど、夏によく似合うグループと言われています。そのため、今回のカムバックには更に期待が傾いています。Red Velvet特有の爽やかで明るいイメージで再度“サマークイーン”の存在感を見せてくれる見込みです。

Red Velvetは2017年に「Red Flavor」を発表してメガヒットを記録したことがあります。Red Velvetのメンバーの個性をよく生かしながらも中毒性高い音楽で最高のヒット曲が完成したのです。今回のミニアルバムを通じて更にRed Velvetの底力が立証されるか注目されています。

Red Velvetはカムバックとともに2回目の単独コンサート「REDMARE」も進行します。 新しいアルバムの作業とコンサートの練習などファンに会う準備に邁進しているRed Velvetはコンサートで新曲の舞台を公開すると関心が集まっています。


Twitterより

Red Velvetは爽やかで溌剌とした個性とエネルギー、実力を取り揃えたガールズグループとして人気を引いています。RedとVelvetのコンセプトを行き交って多様な魅力をアピールしているのはもちろん、演技など個人活動を通じても多彩な姿を見せてくれています。“サマークイーン”と呼ばれているRed Velvetが今年も「Red Flavor」を継ぐヒット曲を誕生されるのか、期待が高まります。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す