第2のIU?注目シンガーEyedi 8/22日本デビュー

レトロR&BミュージシャンのEyediが8月22日に「「Sign –Japanese ver.-」をリリースし、日本での活動を本格的にスタートさせることが明らかになり話題を集めています。ビジュアル、歌唱力共に抜群の魅力を誇るEyediは、2016年デビューのミュージシャンで、韓国サバイバル番組「MIX NINE」に出演したりするなど韓国R&Bシーンの次世代を担う実力派として韓国で人気となっており、今回の日本進出により、日本の音楽シーンにも大きな影響を与えることが予想されています。

" target="_blank">Instagramより

Sign –Japanese ver

Eyediは2016年デビューのレトロR&Bシンガーで、シングル「Sign」でデビューし、作詞作曲も行う音楽性の高さを若いながらに発揮しており注目を集めていました。日本デビューは自身のデビューシングルの日本語版となっており、相手に溺れていく激しい恋愛をテーマにした楽曲となっており、高い実力を持つシンガーとしての素質を日本に届けることが予想されます。日本語版には日本人ラッパーのJinmenusagiが参加しており、Jinmenusagi自身がラップパートを書き下ろしたことでもすでに話題となっており、近日中のミュージックビデオの公開を控えています。日本の大手エンターテインメント社であるポニーキャニオンと契約を締結しており、ポニーキャニオンは「今月23日、Eyediオフィシャルサイトのオープンと共に8月22日、日本でデビュー音源及び正式デビューアルバムを発表するなど、大規模のプロモーションを控えている」と公表しており、公式SNSにてEyediのプロモーションを確認することができます。

第2のIU

昨年韓国で放送され、大きな反響を獲得したJTBCのサバイバル番組「MIX NINE」に出演し、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表から「IUのような雰囲気がある」という評価を受け一躍脚光を浴びました。IUは韓国では「国民の初恋」の異名をもつ程の実力とビジュアルを持つトップシンガーとして有名です。放送を通じてEydeiは「私のアイデンティティはアーティストだ」とシンガーとしてのプライドを誇示しています。番組内でデビュー組の準優勝、女性個人5位を獲得する成果を挙げ、名実ともに幅広い認知を受け話題を集めています。

" target="_blank">Instagramより

シンガーとしての活動

Eyediはシンガーとして抜群の表現力とビジュアルの持ち主です。22歳の完璧なビジュアルと22歳とは思えないほど本格的な歌声でこれまでも多くのファンを魅了してきました。2016年デビュー時にはロサンゼルスにてショーケースを開催したことでも関心を集め、2017年には「I Don't Wanna Know」を代表曲に持つグラミー受賞R&BシンガーソングライターMario Winansを迎えたType (E)を含む全13曲を収録したシングル・アルバム「Chapter 21」をリリースし、本格的な実力が裏づけされたシンガーとしての魅力を発揮してきました。その他にもフルアルバム「Mix B」や最近ではダブルシングル「Luv Highway」を自作曲でプロデューシングするなど高い音楽性を発揮しており、今後の韓国R&Bシーンを賑わす大型シンガーです。

同世代のガールズグループとは一線を画す圧倒的な実力と独自の感性に、ビジュアルアイコンとしての魅力をもつEyediが日本でどういった形で評価を手にしていくのかに注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す