韓国版VEVOって?動画コンテンツの果たす役割とは?

K-POPミュージックビデオのコンテンツをグローバルプラットフォームとして統合流通、管理する専門会社である韓国版VEVOの設立の調印式にSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントをはじめとする韓国大手芸能事務所7社が参加し大きな話題を集めています。韓国版VEVOとは一体どんなものなのか、そしてミュージックビデオなどの動画コンテンツが占める音楽市場への影響についてまとめていきます。

韓国版VEVO?

VEVOとはUniversal Music、Sonny Music、Warner MusicのMVを供給し、有名ミュージシャンのコンテンツをリアルタイムで生中継配信などをを主としたサービスを提供している会社で、アーティストのミュージックビデオをYOUTUBEを通じて配信し、広告収入としてYOUTUBEサービスをVEVOに提供しているGoogleと動画再生によって得られた広告収益を分配することによって成り立っっています。VEVOのコンテンツはYOUTUBEを介してのみ視聴可能で、アメリカではミュージックビデオケーブルチャンネルであるMTVの強力な競争者して評価されるほど影響力が大きく、ブランド価値が高く評価されており、YouTube内で最大の音楽チャンネルへと成長を果たしており、多くの有力企業からラブコールを受けています。VEVOは、視聴者のほとんどが公式サイトやアプリではなく、YOUTUBEでVEVOが配信する音楽動画を視聴しており、サービスの収益の多くがYOUTUBEからの広告収入となっているためVEVO自社サービスの成長が課題とも言えます。そんなVEVOの韓国版の会社設立とサービス開始に多くの大手芸能事務所が賛同している点から、事務所サイドもYOUTUBEなどを通じたミュージックビデオが持つ各アーティストへの評価の影響力を見越していると考えることができます。韓国版VEVOの設立によるYouTubeをはじめ、グローバルデジタルサービスプラットフォームのミュージックビデオの今後の事業展開に新たな動きをもたらされることが予想され、多くの関心を集めています。

動画コンテンツの持つ市場への影響の変化

今や、K-POPはアジアだけでなく世界的な人気を獲得している重要な音楽ジャンルへと成長しました。音楽シーンの成長により、音楽市場の戦略や影響力の高いコンテンツの変化も見られています。かつてCDレコードが音楽市場全体を支配していましたが、ソーシャルメディアやIT技術の進歩に伴い、何時しかデジタルコンテンツが支配する時代となりました。ミュージックビデオが持つ影響力も変化してきており、再正数がアーティストを評価する一つの基準となり、情報化が進化すればするほど、YOUTUBEなどの動画配信コンテンツを供給するアーティストの視聴者へのミュージックビデオの影響力も増大しました。こうした動画コンテンツは全世界に向けて単一に最速に一斉に配信できることが何よりの強みであり、韓国版VEVOの登場は、公式サイトからの出展かどうかのグレーな点の問題が存在するものの、拡大するK-POP市場と動画コンテンツが持つ影響力の増大を考慮すると需要と供給のマッチしたものであり、事務所側も最良のコンテンツを創出することを選択した必然的な判断と言えるでしょう。今後の韓国版VEVOの進展と動画コンテンツがもたらす様々な影響に注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す