「プロデュース48」ポジション評価で明らかになったNMB48白間美瑠の“セクシー美”

現在Mnetで放送されている「プロデュース48」が回を増すごとに熱い反応を得ている中、7月20日に放送された第6回では日本人出演者NMB48所属の白間美瑠の魅力が引きたちました。放送序盤では目立った活躍がなかった白間美瑠ですが、彼女に対する視聴者の関心と好奇心が高まっているという反応です。

7/20放送 ポジション評価

7月20日に放送された「プロデュース48」第6回では最初の脱落式から生き延びた57人のポジション評価が描かれました。ボーカル、ラップ、ダンスポジションと分かれた練習生たちは、各々希望する楽曲を選択。Wanna Oneの「Energetic」、Heizeの「あなたをあまりに知らなくて」、Demi Lovatoの「Sorry Not Sorry」、BLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」などボーイズグループからガールズグループ、そして洋楽まで、様々な種類の評価曲で成り立ちました。

白間美瑠はアリアナ・グランデ組に

その中白間美瑠は現在1位のイ・ガウン、3位のチャン・ウォニョン、8位のワン・イロン、23位のイ・シアンと5人でAriana Grandeの「Side To Side」のダンスポジションに属しました。話題の出演者が大勢属したグループだと、同僚の練習生とトレーナー陣は高い期待感を仄めかしました。

センターを務めたのはイ・シアンでした。これにはトレーナーのペ・ユンジョンがいぶかしがる素ぶりも見せましたが高い順位を記録しているチームメンバーたちの配慮で彼女がセンターに選ばれたのです。しかしいざステージに立ってみると、誰よりも引き立ったのは日本人練習生の白間美瑠でした。センターのイ・シアンが登場する前、彼女はカメラを食いそうな目つきで観客を一気に魅了したのです。

リーダーであるイ・ガウンのリードのもと「Side To Side」チームは素晴らしいステージを披露。赤色の照明の下で“セクシー美”を発散した5人の少女は観客たちの視線を強奪するのに十分でした。そしてチームの中で最も多い投票数を得たのはセンターでもリーダーでも上位圏のメンバーでもない日本人練習生の白間美瑠でした。

気になる現場投票の結果は?

現場投票の結果は白間美瑠が1位、チャン・ウォニョンが2位、イ・ガウンが3位、ワン・イロンが4位、イ・シアンが5位という結果でした。これは実力派韓国人練習生の間で白間美瑠が驚きとも言える大活躍をみせた結果です。放送を見た視聴者からは、“いったいいつこのような隠された宝石がいたのか、驚きを隠せない”といったコメントが相次いでいます。

白間美瑠の今後の順位に関心集中

実はMnetは放送前から白間美瑠に関して、“皆を緊張させる詐欺キャラ登板"という紹介で彼女の活躍する姿を仄めかしていました。1997年生まれの彼女はおおよそ7年9ヶ月の間練習生生活をしてきた程に、多くの隠された実力を取り揃えていることで知られています。

しかし1週目に9位に入った白間美瑠は、それ以降22位、13位、16位と上位圏を出たり入ったりを繰り返してきました。そんな彼女が厳しい戦いの中で開かれたポジション評価で堂々と1位を獲得し、何より自分の存在感と名前を韓国と日本の両国の視聴者に刻印させたのです。


Twitterより

今回の「プロデュース48」では韓国練習生の圧倒的な技量で最終結果が見てとれるようだと大きな心配が囁かれていました。しかしリードしてGFRIENDの「LOVE WHISPER」のステージで180度違う姿で注目された矢吹奈子に続き白間美瑠まで、ますます日本練習生の実力が引き立って興味深い展開が繰り広げられています。

白間美瑠が今後デビュー組に入ることができるのか、韓国ネチズンたちの間で大きな話題となっています。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す