混戦チャートにサマーソング新クイーンGFRIENDが今年もついに登場、「Sunny Summer」でみせる軽快なパワー清純

新たなサマーソングクイーンとして夏に圧倒的成果を収め人気を証明しているGFRIENDの注目のサマーアルバムがついに公開され、タイトル曲「Sunny Summer」は常夏を彩るサマーソングに仕上がっており、その他収録曲も夏にぴったりのラインナップが揃い、今年の夏もGFRIEND色に染まる予感を感じさせます。今年のサマーソングチャートは強豪ガールズグループが多くひしめいており混戦が予想されています。初夏はBLACKPINKが独走を見せ、7月以降APINKやTWICEの台頭が印象的となっており、GFRIENDがこうした状況下でどこまでの結果を残すことができるのかに注目が集まっています。

Twitterより

Sunny Summer

サマーアルバムのタイトル曲「Sunny Summer」はギターサウンドと軽快なメロディーが印象的な楽曲に仕上がっており例年通りのヒットを予感させます。公開されたミュージックビデオは赤と青のビジュアルが印象的な映像となっており、彼女たちがみせる清純な魅力に今年のサマーソングではカラフルさをプラスしており、より際立つ季節性を演出しています。夏の暑さと女性の恋心が印象的な楽しげな歌詞となっており、楽曲内にはメンバーの名前がそれぞれ歌詞に挿入されておりユーモア要素も申し分ないです。曲前半のイェリンのパートの「チャチャチャチャガウォ、イェリヌンウェロウォ、ヨニンマンガドゥカンヨルムンドソロウォ」は「つつつ冷たい、イェリンは寂しい 、恋人ばっかりの夏はもっと悲しい」となっており、前半サビ前のシンビのパート部分では「ソルジッキマレ、ノルサランヘ、シンビハンゴスロ」は「実は、あなたのことが好き、神秘的な場所へ」と神秘とシンビをかけておりお洒落なシャレが効いており、音楽番組のステージのにてこのパートのダンスはシンビをセンターにフューチャーする構成となっており、メロディーと歌詞とダンスのリンクが心地よさを与えています。曲が2番に入ると「オムオムオムオムジチョッ、ウナス ゴンノソ」と今度はオムジとウナの名前の歌詞が出てきており、オムジとウナがそれぞれ自身の名前の入ったパートを歌います。ラストのサビ前には「オットケ、Would be my ネソウォヌルドゥロジュルレ」のフレーズが登場し、「どうしようWould be my 私の願い聞いてくれる?」と訳すことができ、「Would」はユジュ、「願い」はソウォンを表しています。こうした、それぞれのメンバー名の入ったフレーズを該当メンバーが歌うスタイルに大きな関心が集まっています。サビでは「ヨルンヨルメ sunny summer」のメインボーカルユジュの歌唱が光り、暑さのあまり手で顔を仰ぐ動作をモチーフにしたダンスが中毒性を予感させます。収録曲も注目で、トロピカルな印象と軽快なブラスが調和した「Vacation」、初恋の雰囲気が漂う「Sweety」、夏特有の夜のときめきを表現した「Windy Windy」、強烈なシンセポップ「Love In The Air」など夏一色のアルバムとなっています。すでにビルボードにも紹介の記事が掲載されているなど大きな注目を集めています。

オムジとシンビは最近「NAVER TV」を通して「GFRIEND'S IT PLACE DIALY」と題したコンテンツを通じてビジュアルアイコンとして、様々な魅力を発揮しており話題を集めています。

19日のカムバック当日にはLIVEONEとMCOUNTDOWNのステージを通してパフォーマンスを行い今後の活動への期待をさらに加速させました。今後音楽番組を通じてカムバックステージを公開していく中で、どのような評価を勝ち取りタイトル争いに食い込んでいくのかに注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す