『プロデュース48』にてだんだんと自身のキャラクターを発揮し始めたカン・ヘウォンの沼にハマるファンが続出の件

『プロデュース48』練習生として出演しているカン・ヘウォンが着実に変身を遂げ、ファン(国民プロデューサー)から大きく注目を集めています。そんな彼女の魅力はどこにあるのでしょうか?

カン・ヘウォンプロフィール

Instagramより

所属: 8D

身長: 163cm

練習生期間: 9ヶ月

『地獄のチームから来た清純ラッパー』と呼ばれたカン・ヘウォン

カン・ヘウォンの知名度が大きく上がったきっかけは、グループバトルにてBLACKPINK『BOOMBAYAH』2組に所属した時からだと思われますが、彼女はそこでメインラッパーを担当しました。といっても、カン・ヘウォンは今までラップの経験がひとつもなく、グループの中でラップを担当したい練習生が1人もいなかったことから自ら名乗りを上げたわけです。

そのため、自信の無さが目立ちトレーナーからも「声が小さい」「声を大きく出してくれれば私たちも何らかのアドバイスをしてあげるから」と指摘され、当初は落ち込んでしまった彼女です。それに加え、グループ全体のやる気も無くなっていたことから『BOOMBAYAH』2組は『地獄のチーム』と呼ばれていました。

カン・ヘウォンが奇跡を起こす?

『BOOMBAYAH』1組の圧倒的なパフォーマンスに比べ、実力もグループのやる気も絶望的だと言われていたそんな中で『BOOMBAYAH』2組のパフォーマンスが披露されましたが、なんと平均点で2組が勝利してしまうのです。

2組の勝利の要因は、カン・ヘウォンが経験したことのないラップを自らやると勇気を出して名乗り出たことと、グループのリーダーとして「今のままだと勝てない」と分かっていながらも「できるから大丈夫」「希望が見えてきた」と諦めることなくグループを引っ張っていったCUBEエンターテイメント所属のハン・チョウォンがかなり大きな役割を果たしたと思われます。ステージも比較的安定したパフォーマンスを繰り広げ、グループの反乱を呼び起こした瞬間です。

・ハン・チョウォン

Instagramより

カン・ヘウォンの順位の推移

そんなカン・ヘウォンの順位ですが、第1話では38位、第2話では40位、第3話では41位と順位はそれほど変わりませんでしたが『BOOMBAYAH』2組の活躍ぶりにより、第1次順位発表式では25位と大幅に順位を上げた彼女です。ちなみに同じグループのリーダーだったハン・チョウォンも第3話の88位から、第1次順位発表式では47位と、40位以上も順位が上がっています。

カン・ヘウォン=ギア2?

そんなカン・ヘウォンはどうやら漫画『ONE PIECE』のファンのようで、突如日本語で主人公であるモンキー・D・ルフィの必殺技である『ギア2』(ギアセカンド)を披露し、あまりの完コピぶりにスタジオが大爆笑しています。このように端整な顔立ちに、人柄の良さに加え、だんだんと自身のキャラクターを発揮しつつある魅力的なカン・ヘウォンです。

Twitterより

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・こうやって単独で記事になっているのを見ると、大きな失敗さえしなければデビュー確定じゃない?[+9 -0]

・可愛くて優しいカン・ヘウォン、応援してる[+11 -3]

・カメラにすごい映ったよね[+4 -0]

・地獄から生き返ってね[+2 -0]

・今日から僕は君のpick[+0 -0]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す